【中学地理】アジア州の農業まとめ

スポンサーリンク

アジア州の農業についてです。アジア州は、広く、その国や地域で、ぞれぞれの気候や土壌に合わせた農業が行われています。

アジア州の農業

アジア州の農業

スポンサーリンク

東南アジアの農業

年に2回稲を栽培する二期作が行われている地域があります。タイやベトナムは、世界有数の米の輸出国です。マレーシアやインドネシア、フィリピンなどではプランテーションで天然ゴムやバナナなどの輸出用の作物を生産しています。ベトナムでは、コーヒーの栽培がさかんです。
参考インドネシアの今。揺れ動くインドネシア

南アジアの農業

ガンジス川、インダス川流域はかんがいによって栽培される米や小麦を栽培する穀倉地帯が広がります。輸出用の作物の栽培も盛んです。アッサム地方やスリランカは、茶、デカン高原では、綿花の栽培が盛んです。

西アジアの農業

西アジアや中央アジアでは、遊牧などの牧畜がおこなわれています。

中国の農業

降水量が多い南部では、稲作。降水量が少ない北部では小麦やとうもろこしの畑作。乾燥した内陸部では、おもに牧畜が盛んです。中国は、米と小麦の資産量が世界一位です。

参考【中学地理】アジア州

スポンサーリンク
トップへ戻る