【書評】論語と算盤と私(著)朝倉祐介

マッキンゼー出身で元ミクシィ社長の朝倉祐介さんによる初の著書の感想です。朝倉祐介さんは、私が思う現代ニッポンの7人の賢人の1人です。いつもインタビューやNPのコメントでは、新たな視点をもらえます。また、朝倉さんたちが組成したファンドの出資先を参考に、時流を読み、未来を予想することで、僕自身の出資、投資活動へのヒントにもさせてもらっています。

論語と算盤と私

経営者と学者の両輪を兼ね備えた人であるので、なおのこと説得力があります。経営・ビジネス書は大抵の場合、成功した経営者の本か、経営に関する研究の第一人者の学者と言った具合に、経営者側か、学者側からの立場による本が多い中、朝倉さんは、その両方の立場を身をもって経験している方なので、両方の視点から論じでくれている本です。
論語と算盤と私―――これからの経営と悔いを残さない個人の生き方について

スポンサーリンク

会社とは…

はじめには、「会社とは…」という定義についてのくだりに、福澤諭吉の「独立自尊」が出てきます。最近、本当に、多くの経営者が口にするようになった「独立自尊」ですが、この著書では、会社と個人の関係にあてはまると述べています。

移り変わりゆく環境の変化に対応し、常に自己を変革し続けなければ、会社の維持・成長はかないません。そして、そのように、会社を独立たらしめる礎となるのが、組織を構成する独立した個々人にほからない。

⇒まさにそう思います。組織内において、マネージャーでなく、やはり1人ひとりがリーダーで自覚が必要なのでしょう。

・「会社は、経営者の器以上に大きくなることはない」という常套句がありますが、創業者個人の成長の限界を、会社の失速につなげてはなりません。
⇒このことは、学校の学級や塾の教室の担当の先生に言えるとことでしょう。先生の成長が、子どもたちの成長をも左右すると思っています。

危機管理

・組織の危機を民主主義的な手順にのっとった意思決定で乗り越えるという試みは、まずもって機能しない。
⇒時に、独断はいけないけれど、独裁であるべきだという持論がある僕にとっては、納得です。多数決で物事を決めていたら、リーダーなんていりませんもんね。リーダー・会長やキャプテン・部活動の部長などの立場にある塾生には、よく言っていることです。時には、リーダーは判断でなく、決断をしないといけないときがあります。

ミッション

・ミッションとは、生業の域を超えた突き詰めたいと思える事業・使命に出会ってしまったときに、改めて成文化する、後付けの代物なのです。
⇒たしかにと思います。事業が成長する中で、できること・やれそうだなと思うことも増えていきますし、何より、起業したころには、気づけなかった、見えなかったものも見えるようになっていますからね。

スタートアップに関わる人はぜひ

最近、資本政策の講義などを受けにいった僕にとっては、旬であり、大変興味深く読ませてもらいました。これまで、起業したり、シードの段階で出資したりしてきて、事業の成長を加速させる場合、人財と資本は、両輪なんだと痛感しています。事業の成長を加速させたい人にとっては、この本にある資本政策の肝については理解しておく必要があると思っています。

元サッカー日本代表監督の岡田武史さんのロングインタビューも収録されており、読みどころ満載です。サッカー日本代表のフィロソフィー(哲学)をもとにした、ミッションステートメントや朝倉さんが社長時代に考えた10の社是案なども載せてあり、すごく勉強になる本です。

目次の紹介

  • 第1章:職業としての経営者とリーダーシップ
  • 第2章:集団・起業が陥る自己矛盾
  • 第3章:起業・スタートアップの環境変化
  • 第4章:成熟・衰退期を迎えた企業の処方箋
  • 第5章:既存企業のイノベーションに対する渇望
  • 第6章:資本市場に翻弄されないために
  • 第7章:個として独立するための原則と心意気
スポンサーリンク

コメント