【中学地理】関東地方

スポンサーリンク

【中学地理】関東地方についてまとめています。多くの人が集まる首都である東京を中心に、大都市圏が拡大しています。その中で、課題も山積しています。そのあたりもしっかり学習していきましょう。

関東地方の環境

日本最大の関東平野があり、関東ローム(火山灰が積もってできた赤土)におおわれた台地と、利根川などの多くの川沿いにできた低地が広がります。東京湾の海岸線の大部分は、工業地などに利用されている埋立地。

スポンサーリンク

気候

北関東を中心とする内陸地域では、夏と冬の気温の差が大きいです。特に、冬は北西の季節風が乾いた風となり関東平野に吹くため、晴天が続きます。この乾いた風となる理由として、北西の季節風が越後山脈などにぶつかって雪を降らせるからです。
確認【中学地理】日本の地理的特色と気候の特色

東京

東京都の地域の特色として、山地や森林が広いことが挙げられます。東京の水がめは、多摩川が水源なっています。東京の郊外には、大規模な団地が多く、高い人口増加率を維持しています。臨海部では、埋立地による再開発が進み、お台場地区などが有名です。東京の中心では、「ヒ-トアイランド現象」がおきます。これは。気温が周辺地域より気温が高くなる現象です。

都心は、大手町、丸の内、霞ヶ関など大手企業の本社や中央官庁が集中しています。
副都心は、新宿、渋谷、池袋、オフィス街や繁華街が広がっています。

過密都市・東京

東京23区は、地価が高い。→郊外や近県で住宅が増加→郊外や近県から23区への通勤・通学者が多い。

情報の中心地・東京

印刷及び関連産業の生産額の割合が非常に高いです。情報の中心地である東京で、雑誌書籍などをつくる出版産業が発達しています。国内外から、人、物、情報が集まるので、ニューヨークやロンドンと並び、世界都市とよばれています。

横浜

東京大都市圏の5つの政令都市(横浜市、川崎市、さいたま市、千葉市、相模原市)のなかでも、横浜市は、人口が全国第2位の大都市。歴史的景観が残る一方で、再開発によって「みなとみらい21」地区がつくられた。また甲北ニュータウンなどの住宅地区もあります。

人口集中による都市問題

人口集中により、交通渋滞、通勤時のラッシュ、ごみの増加などの都市問題が発生しています。この問題解決の試みとして、中心部の再開発や計画的に新しい都市(茨城県の筑波研究学園都市、千葉県の幕張新都心、埼玉県のさいたま新都心など)をつくり、中心部の役割を分散させています。

スポンサーリンク
トップへ戻る