【中1数学】中央値(メジアン)のポイントと練習問題

スポンサーリンク

中央値について学びます。中央値は(メジアン)は、資料の値の大きさの順に並べた時の中央の値です。ポイントは、与えられた値が偶数個のときと奇数個のときの求め方の違いです。

中央値(奇数個のとき)の練習問題

次のような、あるクラスのグループ7人の50m層の記録です。7人の記録の中央値を求めてみましょう。

生徒名 記録(秒)
いち 7.9
6.8
さん 8.3
よん 7.0
8.9
ろく 6.9
なな 8.2
スポンサーリンク

中央値(奇数個のとき)の練習問題解答

記録を順にならべると、 6.8、6.9、7.0、7.9、8.2、8.3、8.9となり真ん中にくるのが、7.9となります。よって中央値は、7.9です。

中央値(偶数個のとき)の練習問題

次のような、あるクラスのグループ8人の10点満点の小テストの記録です。8人の記録の中央値を求めてみましょう。

生徒名 特点
いち 7
6
さん 8
よん 7
9
ろく 6
なな 10
はち 8

中央値(偶数個のとき)の練習問題解答

記録を順にならべると、 6、6、7、7、8、8、9、10となり、中央付近にあたる4番目と5番目の得点つまり、7と8の平均の7.5が中央値となります。(偶数個の場合)(真ん中左+真ん中右)÷2と求めることができます。

スポンサーリンク
トップへ戻る