【中3理科】塩酸と塩化銅水溶液の電気分解のポイントと練習問題

スポンサーリンク

今回は、定期テストや実力テストでもよく出題される塩酸と塩化銅水溶液の電気分解について学んでいきます。実験と絡めて、出題されるので、実験についてみていきます。

塩酸の電気分解の実験の概要

うすい塩酸
装置にうすい塩酸を入れて電気装置につなぎ、電圧を加える。
<結果>

  • 陰極(-)では、水素が発生する。(確認)発生した気体にマッチの炎を近づけると、気体が音を立てて燃える。
  • 陽極(+)では、塩素が発生する。(確認)発生した気体に水性のペンで色をつけたろ紙を近づけると、色が消える。
スポンサーリンク

塩酸の電気分解の実験のポイント

  • この実験では、塩素(有毒)が発生するので、換気を十分に行う。
  • 発生する量は、同じですが、塩素は水に溶けやすいので、集まる量は、塩素の方が少ない。
  • (化学反応式)2HCl → H2 + Cl2

塩化銅水溶液の電気分解の概要

ここでも、実験でみていきます。
塩化銅水溶液

ビーカ-に塩化銅水溶液と炭素棒2本を入れて、炭素棒を電源装置とつなぎ電圧を加える。

<結果>

  • 陰極(-)では、銅が付着。(確認)乳棒でこすると、金属光沢がみられる。
  • 陽極(+)では、塩素が発生。赤インクをうすめた水に入れると、脱色する。

塩化銅水溶液の電気分解のポイント

  • 塩化銅水溶液自体は、青色で、電気分解が進むと色は薄くなっていく。
  • (化学反応式)CuCl2 → Cu + Cl2

電気分解の練習問題

塩酸の電気分解について(   )に適切な語句を入れよ。
(1)陰極からは(   )が発生する

(2)陽極からは(   )が発生する

塩化銅水溶液の電気分解について(   )に適切な語句を入れよ。
(3)塩化銅水溶液(   )は色をしている。

(4)電気分解が進むと色がだんだん(   )くなる。

(5)(  )極には(   )色の銅が付着する。

電気分解の解答

(1)水素
(2)塩素
(3)青
(4)薄
(5)陰極、赤かっ

スポンサーリンク
トップへ戻る