【中1理科】気体の集め方のポイントと練習問題

スポンサーリンク

気体の集め方についてまとめています。さまざま気体がありますが、気体の種類によってその集め方は、「水上置換法」「上方置換法」「下方置換法」に分けられます。それでは、【中1理科】気体の集め方をみていきましょう。

気体の集め方のポイント

  1. 水に溶けやすい気体か?溶けにくい気体か?
  2. 空気より重い気体か?軽い気体か?

以上の過程で条件を見極めて、「水上置換法」「上方置換法」「下方置換法」のいずれかで集めていきます。たとえば、水に溶けにくい(あるいは少し溶ける)のではあれば、「水上置換法」となります。水に溶けやすく、空気よりも重いとくれば、「下方置換法」となります。

ちなみに、空気より重い=空気より密度が大きい、空気より軽い=空気より密度が小さいと表現されるときもあります。

水上置換法

水上置換法は、水に溶けにくい気体を集める方法で、びんに気体が入って、水が押し出されることで集められます。

スポンサーリンク

水上置換法で集められる気体

  • 酸素
  • 水素
  • 窒素
  • 一酸化炭素
  • 二酸化炭素(下方置換法でもよい)

上方置換法

上方置換法で集める気体は、水に溶けやすく空気よりも軽い(密度が小さい)気体を集める方法。うまく集気びんに気体が入るように、ガラス管を奥まで差し込んで気体を集めることがポイントになります。また、はじめて出てくる気体には、装置に入っていた空気が混ざっているので、気体をしばらく出してから集めます。

  • 上方置換法で集める気体は「アンモニア」のみ

下方置換法

下方置換法で集める気体は、水に溶けやすく空気よりも重い(密度が大きい)気体を集める方法。上方置換法と同様、うまく集気びんに気体が入るように、ガラス管を奥まで差し込んで気体を集めることがポイントになります。また、はじめて出てくる気体には、装置に入っていた空気が混ざっているので、気体をしばらく出してから集めます。

下方置換法で集められる気体

  • 塩素
  • 塩化水素
  • 二酸化炭素(水上置換法でもよい)

気体の集め方練習問題

(   )に適語を入れよ。
酸素や水素のような水に溶けにくい気体は(     )で、二酸化炭素のように水に溶けやすく空気より重い気体は、(     )、アンモニアなど水に溶けやすく空気より軽い気体は(     )で集める。

気体の集め方練習問題解答

順に

  • 水上置換法
  • 下方置換法
  • 上方置換法
スポンサーリンク
トップへ戻る