【中学歴史】ペリー来航から江戸幕府滅亡の流れ

スポンサーリンク

ペリーの来航から幕末の大政奉還までの流れを簡単にポイントを押さえてます。入試でも、よく出題されるところです。特に、条約の中身、年号までしっかりおさえておきましょう。

ペリーの来航

ペリーは1853年4月に琉球国(現在の沖縄)に黒船でやってきました。当時、日本は鎖国していましたので琉球⇒長崎⇒江戸と対応をたらいまわしにされた言う説があります。そして、同年6月に黒船4隻で相模国(現在の神奈川県)の浦賀沖に現れました。ペリーは当時のアメリカ大統領フィルモアの国書を幕府に手渡し強い態度で開国するよう求めました。そして幕府は、1年の猶予期間をもらい開国するか否かの判断を行いました。

スポンサーリンク

江戸幕府の検討

老中(国政を統括する役職名)阿部正弘は、今までは朝廷へ報告を行っていなかったのだが、今回の件はかなり重要だと見て朝廷へ報告を行いました。その結果、朝廷の権限力を高め諸大名の発言力を上げるという逆効果になってしまいなにも対策が立ちませんでした。

日米和親条約

1854年1月にペリーは再来日しました。目的は、もちろん開国と日米和親条約の締結です。その時は黒船を7隻ひきつれてやってきたとのことです。そして幕府は威力に負け3月に日米和親条約を締結しました。下記の3つです。

日米和親条約の内容
  • 下田・函館の開港を要求
  • 薪水・食料の供給
  • 領事の下田駐在を要求

一方的な要求ですが当時の幕府は鎖国していたために、情報を知らず、戦争で勝てるわけがなかったので諦めて調印しました。

大政奉還までの流れ

  • 1858年 日米修好通商条約締結
  • 1860年 桜田門外の変⇒井伊直弼暗殺
  • 1862年 坂下門外の変⇒安藤信生負傷
  • 1863年 薩英戦争(鹿児島vsイギリス)
  • 1866年 薩長同盟成立⇒坂本竜馬が仲介を行う
  • 1867年 江戸幕府(徳川幕府)、大政奉還へ

大政奉還

徳川幕府15代将軍である徳川慶喜はフランスから援助してもらい幕府を立て直そうと頑張ったが、薩長両藩が同盟により倒幕へ動き始めました。しかし、土佐藩はあくまでも中立を保ち藩士である後藤象二郎と坂本竜馬が山内容動を介し大政奉還を進めました。そして、慶喜はそれを受け入れ10月14日朝廷へ政権を返しました。そして12月19日に王政復古の大号令を発し、260年以上続いた徳川幕府は幕を閉じました。

大政奉還とは政治の権限を幕府から朝廷に返すことです。現代では絶対あり得ませんが、政府が天皇に政権を渡すということです。(なぜあり得ないのかというと主権は国民であり天皇ではないからです)

スポンサーリンク
トップへ戻る