【中3理科】減数分裂

減数分裂について学びます。減数分裂は、生殖細胞を作るときに起こる特別な分裂です。

減数分裂

生殖細胞(植物の精細胞や卵細胞、動物の精子や卵)が作られるときに、染色体が半分になる減数分裂が行われています。染色体の数が半分になって生殖細胞どうしが受精し、染色体が対になるので、子の染色体の数は、親の染色体の数と同じ数になります。

スポンサーリンク

生殖細胞

<植物>

  • 卵細胞(雌の生殖細胞)は、子房の中の胚珠の中にできます。
  • 精細胞(雄の生殖細胞)は、おしべにある花粉の中にできます。

<動物>

  • 卵(雌の生殖細胞)は、卵巣でできます。
  • 精子(雄の生殖細胞)は、精巣でできます。

体細胞分裂の過程で、減数分裂はおきます。

体細胞分裂の過程

  • (1)核に染色体が現れる
  • (2)染色体が縦に分かれる
  • (3)植物細胞には、しきり、動物細胞には、くびれができる。
    この間で、「減数分裂」がおこります。
  • (4)2個の若い細胞になる。
  • (5)それぞれもとの大きさにまで大きくなる。

詳細【中3理科】細胞分裂と生殖

あわせて確認

スポンサーリンク