【中1理科】光の反射と光の屈折のポイント

スポンサーリンク

今回は、光の性質の中でも、光の反射と屈折についてまとめています。

みずから光を出すものを光源(太陽や電灯、ろうそくなど)といい、光源でないものは、表面ではね返った光が目に届くことにより見えます。光の直進とは、光が同じ物質(空気、水、ガラスなど)の中をまっすぐ進むことをいいます。

スポンサーリンク

光の反射

入射角・屈折角

光が物体にあたり、はね返ることを光の反射と言います。物体の面に垂直な線と入射光との間にできる角度を入射角、反射光との間にできる角度を反射角といいます。

反射の法則

  • 入射角と反射角は等しい
  • もとの物体と像とは鏡に対して対称の位置にある

光の屈折

光の屈折

異なる物質の境界面で光が折れ曲がって進む現象を光の屈折と言います。物体の境界面に垂直な線と屈折光との間にできる角度を屈折角と言います。光の屈折による現象として、水中や厚いガラスの向こう側にある物体をななめに見ると、実際の物体の位置からずれて見えます。

屈折の性質

屈折の性質

  • 光が空気からガラス(水中)に進むとき 入射角>屈折角
  • 光がガラス(水中)から空気に出るとき 入射角<屈折角

全反射

光が水やガラスから空気中に出るとき、入射角を大きくする(屈折角も大きくなる)と、光は境界面で全部反射して空気中には出てこない現象。この全反射の原理は、光ファイバーなどに利用されています。

スポンサーリンク
トップへ戻る