【中学歴史】江戸幕府の成立と鎖国

スポンサーリンク

江戸時代についての学習です。今回は、江戸幕府の成立から鎖国までの流れをまとめています。

江戸幕府の成立

1600年、徳川家康が豊臣方の大名を破った戦いを関ヶ原の戦いといいます。この戦いに勝利して、家康は全国支配の実権を握ります。

  • 親藩大名…徳川氏一門
  • 譜代大名…この戦い以前から徳川氏に従っていた大名
  • 外様で異名…関ヶ原の戦い前後に徳川氏に従った大名

親藩、譜代は、重要地域に配置された。一方で、外様は、江戸から遠い地方に配置され、要職につけなかった。大名の領地と支配のしくみを藩といいました。

スポンサーリンク

江戸幕府のしくみ

  • 大老…将軍の補佐役、臨時に老中の上に置かれた最高職
  • 老中…政務全般を取り仕切る
  • 若年寄…老中の補佐
  • 寺社奉行…寺社の行政、訴訟、関東以外の私領からの訴訟を受けた
  • 目付…旗本・御家人の監察
  • 大目付…大名の監察
  • 町奉行…江戸市中の行政と裁判をした
  • 勘定奉行…財政、関東の訴訟、関東以外の幕領からの訴訟、郡代・代官の支配

武家諸法度

幕府が大名統制のためにつくった法律。1615年より将軍が代わるごとに発布された。この法律の中には、大名を1年おきに領地と江戸を往復させ、妻子を江戸の屋敷に住まわせた制度の参勤交代がありました。

朱印船貿易

江戸初期、朱印状という渡航許可証を持った船が、東南アジアに出かけていった貿易
確認【高校入試・社会】日本と世界の貿易史まとめ

島原・天草一揆

1637年に九州でおきた、キリスト教徒への弾圧と重い年貢に苦しむ農民の一揆。これに驚いた3代将軍徳川家光は、1639年ポルトガル船の来航を禁止し、鎖国を完成させた。この期間中もオランダ人と中国人に限り長崎の出島での貿易が許された。

身分と暮らし

  • 武士…支配身分として名字・帯刀などの特権。
  • 町人…名主などの町役人が選ばれ自治を行う。
  • 百姓…本百姓と水のみ百姓。有力な百姓が庄屋(名主)、組頭、百姓代など村役人となり
  • 村の自治を行い年貢を徴収。五人組の制度により統制を図っていました。

このころの近隣諸国

  • 中国…明が滅び、清が中国全土を支配。
  • オランダ…オランダ風説書を幕府に提出。
  • 朝鮮…将軍の代かわりごとに、朝鮮通信使が来日。
  • 琉球王国…薩摩藩に服従。幕府に琉球使節を派遣。
  • アイヌ民族…松前藩が交易の利益を独占。不満を持ったアイヌの人々はシャクシャインを中心に蜂起。

確認【中学地理】入試に出る先住民族・移民まとめ

以上が、【中学歴史】江戸幕府の成立と鎖国となります。覚えるところが多い時代の1つなどで繰り返し学習して、覚えていきましょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る