高校入試や定期テストに出る2018年の重要な出来事・時事用語

スポンサーリンク

高校入試や定期テストに出る2018年の重要な出来事・時事用語です。

2018年の重要な出来事・時事用語

スポンサーリンク

2018年1月

国内では、羽生善治氏と井山裕太氏に国民栄誉賞を授与されることが決定されたのが1月でした。経済面では、仮想通貨取引所「コインチェック」は、不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨「NEM」(ネム)が外部に流出しました。

2018年2月

韓国(大韓民国)の平昌冬季オリンピックが閉幕。オリンピックがあった年であったことも踏まえておきましょう。日本は、冬季オリンピックとしては、最多のメダル数を獲得しました。

2018年3月

新天皇が即位を内外に宣言される「即位礼正殿の儀」を2019年10月22日に国事行為として行うことを発表。平成天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位されることが正式に決まっています。

2018年4月

国際政治においては、南北首脳会談で、「板門店宣言」が署名。韓国の文在寅大統領と北朝鮮の金正恩労働党委員長が首脳会談。また、サイエンスの分野では、アメリカ国航空宇宙局(NASA)は、新しい系外惑星探査衛星「TESS」(テス)の打ち上げに成功。

2018年5月

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関である国際記念物遺跡会議(イコモス)が、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)を世界文化遺産にと勧告。

2018年6月

アメリカ合衆国のトランプ大統領と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩委員長との間で史上初めての米朝首脳会談が行われた。シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルにて。

2018年7月

平昌五輪で2大会連続金メダルを獲得した男子フィギュアの羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞。国内で維持では、統合型リゾート実施法案(IR法案)成立し、国内カジノ解禁となります。

2018年8月

RCEP(東アジア地域包括的経済連携)の年内妥結で各国合意。これは、米国の保護主義路線に対抗処置。RCEPは、日本、中国、インドなど含む世界GDP3割、世界人口の5割を統括する大規模経済協定。米国離脱で空中分解したTPPの代わりとして早期妥結目指す。

2018年9月

全米オープン・シングルス決勝で、女子テニスの大坂なおみ選手が優勝。日本人初の全米オープン(四大大会)制覇を達成。

2018年10月

2018年のノーベル医学生理学賞を、がんの免疫療法を開発した京都大の本庶佑・特別教授に授与することをスウェーデンのカロリンスカ研究所が発表。画期的ながん治療薬「オプジーボ」の開発につながる研究。

安倍総理が国際会議を除けば日本の総理大臣として7年ぶりに公式に中国を訪問。習国家主席ほか、政権No2、No3とも会談。「競争から協調」を掲げた第3国へのインフラ投資などを話し合った。

スポンサーリンク
トップへ戻る