【中1理科】地震のメカニズム

スポンサーリンク

今回は、大地の変動の中の火山や地震が起こるメカニズムや火山や地震の起こる場所についてまとめています。

プレートの境界

地震の起こる場所としてプレートの境界が挙げられます。プレートとは、地球の表面をおおう十数枚のかたい板であり、そのプレートどうしの境界では、海のプレートがうすく、重いので、陸のプレートに沈み込むことで起こります。また、海嶺と呼ばれる海底にそびえる大山脈で、海のプレートがつくられます。海のプレートが両側に広がるときにも地震や火山活動が起きます。

スポンサーリンク

地震発生のしくみとメカニズム

海のプレートがうすく、重いので、陸のプレートに沈み込みます。その次に、陸のプレートが海のプレートに引きずりこまれ、圧縮されてひずみます。最後に、ひずみが限界に達すると陸のプレートが跳ね上がり、破壊が起きます。

日本付近のプレートの沈み込み

日本付近では、4枚のプレート(北アメリカ、太平洋、ユーラシア、フィリピン海プレート)が押し合っており、海のプレートが陸のプレートの下に沈み込んでいます。震源は、太平洋側で浅く、日本海側にいくにつれて深くなっています。マグニチュードの大きな地震が起こり、津波が起こることも多いです。

福岡を震源として起こる地震

福岡では、活断層が動いて起こる地震となるので、震源は浅く、マグニチュードは小さくなる傾向があります。

火山活動

地震だけでなく、日本の火山活動もプレートの沈み込みが原因で起こります。火山の分布は、プレートが沈みこんでいる海溝にほぼ平行に並んでいますが、海溝と火山の列の間には距離があります。

日本の代表的地震の断面

日本海溝から150km以内の比較的狭い領域内で異常に大きなひずみがあります。これが、日本の巨大地震の要因になっています。海溝とは、海嶺(海底にそびえる大山脈)で生まれた海洋プレートが沈み込み、海底が細長い溝状に深くなっている場所のことでその深さは深いものでは水面下1万mになります。6,000m以上の深さのものを海溝と呼び、それより浅いものはトラフと呼ばれます。

日本列島の成り立ち

日本列島は、「山地が風化・浸食されたものの一部が海溝まで運ばれて堆積する→堆積岩や変成岩となり、長い年月の間に再び陸地となる」ことを繰り返して大陸の縁に成長してきました。このため、日本海側から太平洋側に向かい、岩石のつくられた年代はしだいに若くなっていきます。

スポンサーリンク
トップへ戻る