【中3理科】地球の自転と公転のポイント

スポンサーリンク

地球の自転と地球の公転についてまとめています。地球の自転と公転が、太陽や星の見え方にどのような影響を与えているのかを理解することが大切です。それでは、【中3理科】地球の自転と公転をみていきましょう。

地球の自転

地球は、北極と南極を結ぶ線である地軸を軸として、西から東へ約1日に1回転しています。これを地球の自転といいます。

スポンサーリンク

太陽や星の日周運動

観察している自分が立っている地球が自転しているためさまざまな距離にある星が、星座のような形をくずさずに天球上を寒天しているようにみえる見せかけの運動といえます。

地球の自転が西から東のため、星の日周運動は、東から西に動いているようにみえるというわけです。

自転の速さ

地球は1日に1回転します。つまり、4時間で360°回転します。1時間で15°ということになりますね。(360÷24時間=15)

地球の公転

地球は太陽を中心として、そのまわりを1年で1回転することを公転といいます。決まった時刻にさそり座など星座を見ると、見える方向(方角)は、月日とともに西へ移っていきます。これは、地球が太陽のまわりを公転しているからです。

星座の見える方向の動き

地球は、1年で1回(=1年で360°回転)公転するため、1か月では、360°÷12か月=30°公転すします。そのため、真夜中午前0時に見える星座の方向は、1か月で30°、1日に約1°西に動いて見えます。(つまり、南中する時刻は、1か月で約2時間早くなります。星は、1時間に約15°の割合で動いています。)

スポンサーリンク
トップへ戻る