【中学国語】漢字の成り立ちのポイントと練習問題

スポンサーリンク

漢字の成り立ちについて学びます。漢字は、象形文字、会意文字、指事文字、形声文字に分類することがあります。辞書によって、一部の漢字についてその分類が多少異なるときがありますが、入試では紛らわしい漢字の分類は出題されないです。

漢字の成り立ちの種類

それでは、象形文字、会意文字、指事文字、形声文字についてまとめていきます。

スポンサーリンク

象形文字

目で見た物の形や略画から作られた漢字です。
<例>山・川・人・日・鳥など

会意文字

2つ以上の漢字を組み合わせて、別の意味を表す漢字です。
<例>明・命・肩・林など

指事文字

形に表せない位置や数などを記号で表した漢字
<例>上・下・一・二など

形声文字

意味を表す部分と音を表す部分を組み合わせた文字。
<例>姉・和・親・柚・星など

漢字の成り立ちの練習問題

「帳、岩、川、末、休、木、議、上」のそれぞれの漢字の成り立ちについて、象形文字、会意文字、指事文字、形声文字のどれになるか答えよ。

漢字の成り立ちの練習問題解答

帳…形声文字
岩…会意文字
川…象形文字
末…指事文字
休…会意文字
木…象形文字
議…形声文字
上…指事文字

スポンサーリンク
トップへ戻る