【中2理科】寒冷前線と温暖前線のポイント

スポンサーリンク

今回は、寒冷前線と温暖前線を少し掘り下げて見てみたいと思います。

寒冷前線と温暖前線

暖気と寒気がぶつかったとき、暖気(あたたかい空気)は軽いので、必ず寒気(冷たい空気)の上になります。暖気の上昇気流により、前線付近には雲ができます。
zensen

スポンサーリンク

寒冷前線

<断面のようすと進み方>
寒気の勢力が強いので、寒気が暖気の下にもぐりこむように進む。

<前線の記号>
kanrei

<できる雲と雨の降り方>
せまい範囲に垂直に発達する雲(雨を降らすのは積乱雲)が発生し、にわか雨(短い時間で激しい雨)が降る。
※一番高い雲を積乱雲と思っている人も多いですが、一番高い雲は、巻雲(けんうん)です。入試でも散見されます。

<前線付近の天気の変化>
前線通過直後

  • 強いにわか雨が降り、その後天気は回復する
  • 北よりの風になる
  • 気温が下がる

温暖前線

<断面のようすと進み方>
暖気の勢力が強いので、暖気が寒気の上にはい上がるように進む。

<前線の記号>
ondan

<できる雲と雨の降り方>
広い範囲に層状に発達する雲(雨を降らすのは乱層雲)が発生しおだやかな長雨が続く。

<前線付近の天気の変化>
前線通過前
おだやかな長雨が降る

前線通過後

  • 天気は一時的に回復する
  • 南よりの風になる
  • 気温は上がる

寒冷前線と温暖前線の練習問題

寒冷前線と温暖前線について答えなさい。
(1)長い時間、広い範囲で雨が降るのはどちらか。
(2)通過後気温が下がるのはどちらか。
(3)激しい雨が降るのはどちらか。

寒冷前線と温暖前線の解答

(1)温暖前線
(2)寒冷前線
(3)寒冷前線

スポンサーリンク
トップへ戻る