香住丘高等学校を志望するということ

スポンサーリンク

香住丘高等学校の概要

福岡県福岡市東区香住ヶ丘にあり、設立が1984年と比較的新しい学校です。福岡県の公立高校では珍しく、初めて英語コースを設置し、2003年度〜2005年度は、文部科学省よりスーパーイングリッシュランゲージハイスクール (SELHi) に指定された学校です。

設置コースは、普通科とは別に、普通科数理コミュニケーションコース・英語科があります。普通科数理コミュニケーションコース・英語科は、福岡県第第五・第六学区からも受験が可能です。

スポンサーリンク

香住丘高等学校の進学先

卒業生のほとんどが大学への進学であり、九州大学へは、毎年20名前後の合格者を輩出しています。首都圏の難関私立大学、関西の難関私立関関同立なども上位でいれば合格を果たせる位置にある学校です。

香住丘高等学校の特色ある取り組み

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定されており、平成28年度SSH生徒研究発表会では、文部科学大臣表彰受賞。第40回全国高等学校総合文化祭では最優秀賞を授業するなど成果を果たしています。また、海外へ飛び出し、Global Link Singapore では、2016Futuristic Award 受賞をしています。積極的に、様々な研究を行っているようです。

香住丘高等学校の入試対策

学区2番手校に位置する香住丘高等学校。各教科8割の得点を目指した勉強をし、本番でもそれに近い得点を取ることができれば合格が果たせるでしょう。学区2,3番手校を受験する人にとっては、苦手科目がないのに越したことはないのですが、苦手科目があった場合、その科目の底上げは必須です。早めに、公立高校の過去問に目を通し、戦略的な学習も必要でしょう。特に、社会や理科が苦手な人は要注意です。昔のように、覚えるだけでは、得点を獲得するのは難しいので、早めの対策が必要です。

スポンサーリンク
トップへ戻る