【中学国語文法】敬語のポイント

スポンサーリンク

敬語についてまとめています。

敬語のまとめ

敬語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語がありますので、それぞれみていきましょう。特に、尊敬語と謙譲語の使い分けは注意が必要です。尊敬語を使うべき相手に、謙譲語を使うと、時に侮辱していると受けとめられてしまうことになりかねません。また、身内の人には、尊敬語を使わないですし、敬語を重ねて使うこともありません。

スポンサーリンク

尊敬語

「相手や話題の人を直接に高める」ときに使用します。

  • おっしゃる (例)先生がそうおっしゃった。
  • 召しあがる (例)先生が昼食を召しあがっている
  • おいでになる (例)先生がおいでになる
  • られる。れる (例)先生が祝辞を述べられた。
  • お~になる・なさる (例)先生がお泊まりになる

接頭語・接尾語などに使用して、出席、校、社、~などの使い方もあります。

謙譲語

「自分を含めて間接的に相手を高める」ときに使用します。つまり、話し手が、自分や自分の側の人の行動をへりくだって表現するときに使用します。

  • うかがう (例)そちらにうかがいます。
  • お~する (例)お借りします。
  • ご~する (例)ご連絡します。

接頭語・接尾語などに使用して、品、社、私どもなどの使い方もあります。その他、申し上げる、さしあげる、いただく、頂戴するなど、謙譲語を用いた動詞表現です。

丁寧語

「言葉を丁寧にして相手に敬意を表す」ときに、使用します。

  • です・ます (例)中学生です。
  • ございます (例)あれが日本でございます。

美化語として、料理、飯など上品に表現する言い方がありますが、外来語には使いません。おケーキなど。

注意

尊敬語と謙譲語は、混合して使うことはできません。

スポンサーリンク
トップへ戻る