【中2理科】運動器官と感覚器官のポイント

スポンサーリンク

運動器官と感覚器官についてまとめいます。覚える用語や違いについて覚えること多いところなので、しっかりおさえていきましょう。

運動器官

関節とけん

  • 骨格…体の内部のたくさんの骨が結合して組み立てられているつくりをしています。骨格は体を支え、体を動かすはたらきをしています。
  • 筋肉…骨のまわりには、筋肉があり、手、あしなどの運動器官を動かすときに、筋肉のはたらきにより、関節の部分の骨格が曲げられる。
スポンサーリンク

草食動物と肉食動物のあしの違い

  • 草食動物のあし…大きくてでかいひづめがあるものが多い。これは、身を守るために長い距離を走るのに適しています。
  • 肉食動物のあし…前あしには、するどい爪があるものが多い。これは、獲物をとらえるのに、役立ちます。

感覚器官

まわりの様々な状態を刺激として受け取ることができる体の部分の目、耳、鼻、舌、皮ふなどを感覚器官といいます。

草食動物と肉食動物の目の違い

  • 草食動物の目…側方に向いており、広範囲を見張るのに役立ちます。
  • 肉食動物の目…前方を向いていて、立体的に見え、獲物の距離を測りながら追いかけるのに役立ちます。
スポンサーリンク
トップへ戻る