【中1数学】近似値と誤差(真の値の範囲)のポイント

スポンサーリンク

真の値の範囲について学びます。近似値と誤差の理解が必要です。

  • 近似値…測定値や四捨五入して得た値のように、真の値に近い値のことです。
  • 誤差…近似値と真の値の差のことです。(近似値-真の値)

近似値と誤差

ある数nの小数第2位を四捨五入して、近似値を求めると、7.9になりました。このとき、nの値の範囲を不等号を使って表せ。また、誤差の絶対値は、どれくらいと言えるか。

スポンサーリンク

nの値の範囲

今回、nは、7.85以上7.95未満になるので、7.85≤n<7.95となります。

誤差の絶対値

誤差=近似値-真の値なので、今回は、誤差の絶対値を問われているので、0.05以下となります。
参考【中1数学】絶対値

スポンサーリンク
トップへ戻る