【中3理科】記録タイマーポイント

スポンサーリンク

入試でも頻出する記録タイマーを利用した実験の問題のまとめです。

スポンサーリンク

記録タイマーのポイント

一定の時間間隔ごとにテープに打点する装置。東日本では1/50秒に1回(5打点で0.1秒)、西日本では、1/60秒に1回(6打点で0.1秒)打点するものが多いです。

記録タイマーからわかること

記録タイマーからわかることは、2つあります。

➊打点間隔からの速さ
運動が遅いと打点間隔はせまく、運動が速いと打点間隔は広くなります。一定の速さの時間では打点の間隔は一定で、速さを変化させると打点間隔も変化します。

➋テープの長さからの速さの変化
一定打点ごとに、テープを切り、向きをそろえて並べると、横軸は時間を表し、縦軸は速さの変化を表すグラフができます。

平均の速さと瞬間の速さ

平均の速さは、速さがいろいろに変化するとき、ある距離を一定の速さで移動したと考えて求めた速さ(数学などの問題で求めている速さはこれになりますね。)。

瞬間の速さは、たえず変化する速さ。ごく短い時間に移動した距離を、その距離の移動にかかった時間でわって求めた速さ。

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました