【中学漢字】二字熟語の構成のポイント

スポンサーリンク

最近の印象として、知識問題の中でも、漢字についての出題が目立つということです。部首、構成、筆順、対義語、熟語の読みなどですね。この辺も、最低限のこととして、また1つの常識としておさえておきたいところです。今回は、漢字の二字熟語についておさえておきます。

漢字の二字熟語の構成

以下、大きく7つの分け方ができます。

スポンサーリンク

(1)同じような似た意味の漢字を重ねたもの

        
(例)岩石、温暖、豊富、増加など

(2)反対の意味を表す字を重ねたもの

  
(例)高低、善悪、明暗、往復など

(3)上の字が下の字を修飾しているもの

       
(例)黒板、明月、曲線など(黒板→黒い板)

(4)下の字が上の字の目的語・補語になっているもの

(例)着席、読書、結審、乗車など
【見分け方】下の漢字に「~に」「~を」を付けて上の字を動詞として読んでみる。
着席→席に着く 読書→書を読む

(5)上の字が主語で、下の字が述語のもの

(例)市立、頭痛、地震、人造など

(6)上の字が下の字の意味を打ち消しているもの

  
(例)非常、無害、不幸、未定など

(7)長い熟語を省略しているもの

  
(例)特急、入試、高校など(特急は、特別急行を省略)

スポンサーリンク
トップへ戻る