【中学国語】歴史的仮名遣いを現代仮名遣いにするルール(練習問題付)

スポンサーリンク

全国の高校入試で、ほぼ100%の出題率になるのが、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに、ひらがなで書かせる問題です。失点が許されない問題ですので、歴史的かなづかいから現代かなづかいの変換のきまりを覚え、確実にできるようにしておきたいところです。

歴史的かなづかいから現代かなづかいへのきまり

(1)語頭以外の「は、ひ、ふ、へ、ほ」を「わ、い、う、え、お」と読む。
例:かは→かわ(川) 会ひます→会います 使ふ→使う あはれ→あわれ

(2)「ゐ、ゑ」を「い、え」と読む。

例:ゐる→いる(居る) こゑ→こえ(声)

(3)「を」を「お」と読む。
例:をばさん→おばさん

(4)「ぢ、づ」を「じ、ず」と読む。
例:おぢいさん→おじいさん まづ→まず(先ず) みづ→みず(水)

(5)助動詞の「む」を「ん」と読む。
例:逢はむ→あわん ~せむ→~せん ありけむ→ありけん やむごとなき→やんごとなき

(6)漢字の音読みでは「くわ、ぐわ」を「か、が」と読む。
例:くわし→菓子

以上ですが、余裕がある人は、下記も一緒におさえておきましょう。

(7)「あう、あふ、かう、かふ、さう、さふ…」を「おう、こう、そう…」と読む。
例:あふぎ→おうぎ(扇) 行かう→行こう たふとい→とうとい(尊い)

(8)「きう、きふ、しう、しふ、ちう、ちふ…」を「きゅう、しゅう、ちゅう…」と読む。
例:きうり→きゅうり 悲しう→悲しゅう

(9)「けう、けふ、せう、せふ、てう、てふ…」を「きょう、しょう、ちょう…」と読む。
例:けふ→きょう(今日)

しっかり得点していきましょう。

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに練習問題

<問題1>次の下線部をそれぞれ現代仮名遣いに直して、すべて平仮名で書きなさい。
1.風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず
2.親のいさめを思ひかへせば
3.新しくつくりてまゐらせたまへかし
4.うち向かひては思ふほども続けやらぬ心の色もあらはし
5.食事をあてがはざるゆゑ
6.食にあふことわづかなり
7.鴎鳥に従ひて遊ぶ
8.男も女もことばの文字いやしう使ひたるこそ
9.「観音助け給へ」となむ迷ひける

<問題2>次の下線部をそれぞれ現代仮名遣いに直して、すべて平仮名で書きなさい。
桜の花ざかりに、歌よむ友だち、これかれかい連ねて、そこかしこと、見ありきける、かへるさに、見し花どものこと、語りつつ来るに、ひとりが(1)いふやう、「まろは、(2)歌よまむと、思ひめぐらしけるほどに、(3)けふの花は、いかに(4)ありけむ、こまやかにも見ずなりぬ。」と(5)いへるは、をこがましきやうなれど、まことはたれもさもあることと、(6)をかしくぞ聞きし。(「玉勝間」より)

スポンサーリンク

歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに練習問題解答

<問題1>
1はたいうべきにあらず
2おもいかえせば
3まいらせたまえかし
4うちむかいてはおもうほども
5あてがわざるゆえ
6あうことわずかなり
7したがいてあそぶ
8いやしゅうつかいたるこそ
9なんまどいける

<問題2>
①いうよう
②うたよまん
③きょう
④ありけん
⑤いえる
⑥おかしくぞ

スポンサーリンク
トップへ戻る