【中学国語】比喩の表現方法まとめ

スポンサーリンク

言葉の表現方法についてまとめています。言葉の並べ方を工夫したり、比喩(たとえ)を使ったりすることで、表現の幅が広がります。

この記事の目次

比喩

  • 直喩…「まるで…」「…ようだ」などの言葉を用いたたとえで、情景や心情などをわかりやすく伝えます。
  • 隠喩…「まるで…」「…ようだ」などの言葉を用いずたとえ、より強い印象を与えます。(例)砂浜の向こうに、青いじゅうたんが広がる。
  • 擬人法…人間でないものを人間に見立て、生き生きとした印象を与えます。(例)青空の下、気持ちよく菜の花たちが、笑っている。

言葉の並べ方

  • 体言止め…文末や句末を体言(名詞)にすることで、余韻を残すことができます。
  • 倒置…言葉の順序を普通の言い方と入れ替えて、情景や心情を強調することができます。
  • 反復…同じ言葉を繰り返すことで、情景や心情を強調することができます。
  • 対句…形や意味が対応するように、言葉を並べて、文章のリズムや味わいを生むことができます。
  • 省略…文章や言葉を途中でやめて後の部分を省略することで、読み手に自由に想像させることができます。
スポンサーリンク
トップへ戻る