【中学地理】九州地方

スポンサーリンク

九州地方についてまとめています。「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が、世界遺産登録が認められたことにより、今後入試やテストなどで出題されることが予想されます。そのあたりを頭において、学習していきましょう。また、近年の入試には、その地方が単独ででることは、ほとんどなくなり、日本全国を通じて、全体的かつ地方については部分的に出題されます。
確認【高校入試・社会】よく出る「日本の世界遺産」まとめ・一覧

九州地方

九州地図
九州地方は、黒潮と対馬海流の暖流が流れ、冬でも比較的温暖。梅雨の時期から台風が通過する時期には洪水や土砂くずれが多い。また、巨大なカルデラをもつ阿蘇山など、多くの火山が分布しているのも特徴。鹿児島と宮崎県の南部にかけては火山灰に覆われたシラス台地が広がっています。
参考【中学地理】日本の雨温図と気候の特徴まとめ

スポンサーリンク

福岡県

福岡市は、九州地方最大の都市で、福岡都市圏ともいわれ市街地が広がっています。近隣諸国(韓国、中国など)との交流も盛ん。また、北九州工業地域の八幡製鉄所を中心に鉄鋼業が栄えたが、近年は伸び悩んでいる。筑紫平野の二期作も有名で、九州を代表するコメの産地であり、二毛作(米の後に、小麦)を行っています。

九州の産業

九州の工業

九州地方は、輸送に便利なため高速道路、空港近くにIC(集積回路)の生産をはじめとするハイテク(先端技術)がさかんでシリコンアイランドとよばれています。

九州北部は、労働力が得やすく、中国に近いため自動車工場が進出しています。その昔、北九州市周辺では1901年の八幡製鉄所の操業をきっかけに鉄鋼業が発達し、北九州工業地帯(地域)を形成しました。

九州の農業

  • 長崎のびわ…収穫量は日本一です。そのほか、みかんやじゃがいもの栽培もさかん。
  • 熊本県のい草…破城平野ではたたみ表の原料であるい草の生産がさかんです。そのほか、県特産品のデコポン、みかんなどもさかん。
  • 宮崎県の促成栽培…温暖な気候を利用して、時期を早めて出荷する促成栽培をしている。
  • 鹿児島のシラス台地における畑作そして畜産…畜産では、ブロイラ-(若い鶏)・豚が飼育日本一を押さえておきましょう。また、の生産量は静岡についで、第2位となっています。また、桜島の火山灰にたびたび悩まされる。
  • 沖縄…温暖な沖縄県では、パイナップル、さとうきびなど亜熱帯性の農作物の栽培がさかんです。

九州の水産業

  • 有明海…有明海に面する佐賀、福岡、熊本、長崎では、のりの養殖がさかん
  • 真珠…長崎の北松浦半島沿岸では真珠の養殖がさかんです。
  • かつお、まぐろ…宮崎県、鹿児島県で水揚げが多い。

確認【高校入試・社会】日本の漁業の種類と課題

その他の地方

スポンサーリンク
スポンサーリンク