【中学理科】メンデルの実験とその法則

メンデルの実験とその法則について学びます。ポイントは、親から子代、子代から孫への形質の伝わり方の違い、法則をしっかりおさえておくことになります。

メンデルの実験

エンドウの形質について、異なる特徴をもつ純系(何代自家受精を繰り返しても、子孫に常に同じ形質が現れる系統)どうしを受粉させたときに、子や孫に表れる形質に調べる実験。

スポンサーリンク

子代への遺伝のしくみ

種子のカタチを決める遺伝子で、優性の形質の丸をA、劣性の形質のしわをaとすると、丸い種子をつくる純系のエンドウの組み合わせはAA,しわのある種子をつくる純系のエンドウの遺伝子の組み合わせはaaです。

親の遺伝子Aとaが対になると、子の遺伝子の組み合わせはすべてAaになり、優性の形質が現れ、丸い種子となります。

丸い種子をつくる純系のエンドウの組み合わせはAA,しわのある種子をつくる純系のエンドウの遺伝子の組み合わせはaaを受精させると、子は次のようになります。

受精
a Aa Aa
a Aa Aa

子は、すべての個体に両親の一方だけが現れる。この場合、優性の丸い種子とあんります。形質を伝えるもの(遺伝子)は、Aaと2つの対になっています。

孫代への遺伝のしくみ

子代でできた丸い種子(Aa)を自家受粉させると、丸い種子としわのある種子ができて、その数の比は、3:1になります。

受粉 a
A AA Aa
a Aa aa

AA、Aa、Aa(丸):aa(しわ)=3:1

あわせて確認

スポンサーリンク