【中学歴史】日本の産業革命のポイント

スポンサーリンク

【中学歴史】日本の産業革命についてまとめています。1880年代後半あたりから、日本の産業革命は始まっていきます。その前後の出来事も振り返りながら学習することが大切です。それでは。【中学歴史】日本の産業革命をみていきましょう。

日本の産業革命

1880年代後半あたりから、日本の産業革命の時代に入っていきます。まず、軽工業の綿糸を朝鮮や中国などに輸出するために、紡績業、製糸業が発展します。製糸は、アメリカへ輸出しました。また、重鉱業も発達します。石炭の採掘をして、八幡製鉄所も建設。これは。日清戦争の賠償金をもとに建設された官営工場となります。一方で。足尾銅山事件などの公害問題も発生します。

スポンサーリンク

交通の発達

この時期、東海道線が全線開通したり、海外航路が発達したりしました。

財閥(資本家と労働者)

労働者の増加。紡績・製糸業の工女などは、低賃金で厳しい労働を強いられました。そのため、労働組合が結成され、労働争議が増加しました。政府は、集会や結社の自由を制限し、工場法を制定しました。

  • 財閥…三井、三菱、住友、安田などさまざまな業種に進出して、経済を支配していいます。

地主と小作人

くわの栽培や養蚕に精を出す。小作人は。生活が苦しく、地主は農地の買い集め経済力をつけていきます。

スポンサーリンク
トップへ戻る