【高校入試・国語】詩についての練習問題

スポンサーリンク

今回は、詩についての学習です。練習問題を解きながら、詩についての理解を深めましょう。

スポンサーリンク

詩のポイント

<用語>

  • 口語…現在の言葉
  • 文語…昔の言葉

<形式>

  • 自由詩…きまりなし
  • 定型詩…音数にきまりがある

練習問題

次の詩を読んで、問いに答えよ。

そこの少女さん
橋のむこうに
何があるかな

僕も いくつかの橋を
渡ってきました
いつも心をときめかし
小走りに かけて渡りました

あなたがいま渡るのは
輝かしい青春の橋
そして あなたも
小走りに渡るのでしょうか

むこう岸から聞こえる
あの呼び声にひかれて

<問い>
1、この詩は用語・形式のうえから、何とよばれる詩か。

2、この詩に用いられていない表現技法を次からすべて選び、記号で答えなさい。
ア、比喩
イ、対句法
ウ、反復法
エ、体言止め
オ、倒置法

解答

1口語自由詩
2イ、ウ

スポンサーリンク
トップへ戻る