【中2理科】日本の周辺の気団のポイント

スポンサーリンク

日本の周辺の気団とその特徴についてまとめています。気団とは、気温・湿度がほぼ一様な空気のかたまりで、空気が大気や海洋などの上に長い間とどまることでできます。

日本の周辺の気団とその特徴

日本周辺には、シベリア気団、揚子江気団、小笠原気団、オホーツク気団の4つの気団が存在しますが、それぞれの気団は、季節によって発達したり、おとろえたりします。

スポンサーリンク

シベリア気団

シベリアの冷たく乾燥した大陸上に発達する。日本には、冬、強い北西の風を吹かせます。

揚子江気団

春と秋に揚子江(長江)流域で発達します。気団の一部が移動性高気圧となって日本に達すると晴天になります。

小笠原気団

北太平洋西部に発達して、真夏に日本列島を覆い、蒸し暑い晴天をもたらします。

オホーツク海気団

暖かい季節に、オホーツク海付近で発達します。つゆや秋雨に小笠原気団とぶつかって停滞前線をつくります。

スポンサーリンク
トップへ戻る