【中学国語】漢字の音読みと訓読みのポイント

スポンサーリンク

今回は、漢字の「音読み」と「訓読み」について学びます。

音と訓

  • 音読み…中国から伝わったときの発音をもとにした読み方。ふつう発音を聞いただけでは意味はわかりにくいです。
  • 訓読み…漢字の意味をそのまま日本語に訳してあてはめた読み方。発音を聞いても意味が分かる。

<例>

音読み(カイ)
訓読み(うみ)


音読み(ソク)
訓読み(あし)

スポンサーリンク

複数の意味をもつ音と訓

<例>
音読み
強(ゴウ、キョウ)…強情(ごうじょう)、強力(きょうりよく)

訓読み
魚(さかな、うお)…魚屋(さかなや)、魚市場(うおいちば)

スポンサーリンク
トップへ戻る