【中学歴史】ロシア革命

スポンサーリンク

【中学歴史】ロシア革命についてまとめています。1917年にロシア革命が起こるわけですが、国際関係の情勢もあわせて学習していく必要があります。それでは、【中学歴史】ロシア革命です。

ロシア革命

戦争と専制へ不満から、労働者と兵士の代表会議が開かれ、その後、議会主導の臨時政府が成立します。これにより、世界初の社会主義の政府が誕生します。このころの指導者は、レーニンでした。

スポンサーリンク

ソ連の成立

革命政府は、土地を農民に分配、銀行・鉄道・工場を国有化していきます。列強によるシベリア出兵、干渉戦争に勝利し、ソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)が成立します。

  • 共産主義…私的な財産を認めず、すべてを共有し。貧富の差のない社会も目指す社会。
  • 五か年計画…スターリンが重工業中心の工業化、農業の集団化を推し進める計画経済を行う。レーニンの後をついだスターリンですが、国の方針に批判的な考えを持つ人々を厳しく処罰していきました。

国際協調

このころの世界の情勢は、国際協調が高まっていました。パリ講和会議でのベルサイユ条約もその1つです。

  • ベルサイユ条約…国際連盟案など戦後の世界平和を目的とした条項も存在。
  • 国際連盟の設立…民族自決を唱えたアメリカのウィルソン大統領が提案。本部は、スイスのジュネーブに置かれる。日本は、常任理事国となり。新渡戸稲造が事務局次長に就きました。
  • ワシントン会議…アメリカの呼びかけで実施。海軍の軍備の制限。太平洋地域の現状維持。中国の独立と領土保全を確認。

大衆の時代

労働者や女性も民主主義の担い手になっていきます。1919年に成立したワイマール憲法の中でも、労働者の基本的権利の保護が保障され、イギリスでは、1924年に、初の労働党内閣が誕生します。

スポンサーリンク
トップへ戻る