【第6学区の高校選び】早稲田佐賀高等学校という選択

早稲田佐賀高等学校

佐賀県唐津市に早稲田大学の創立125周年記念事業として2010年(平成22年)4月に開校した学校です。卒業生の50%が早稲田大学へ推薦入学できるというも特徴1つです。その意味でも授業では大学での発展的な学習に取り組めるよう、基礎力を重視したカリキュラム構成となっています。また、難関といわれる国公私立大学、医・歯・薬系の大学、海外の大学を希望する生徒に対する指導も徹底して行います。

また意外と知られていないのが、約半数の生徒が福岡出身の生徒で占められていることです。(参考:2015年において、中学・高校在校生890名のうち、中学で167名、高校で284名の生徒が福岡出身)

設寮として、「八太郎館(はちたろうかん)」は中学・高校ともに男女をしっかり区別した建物がります。中学1年次から高校1年次は4人部屋とし、高校2・3年次では個室を整備します。1日のスケジュールには、自習時間や部活動の時間も設けられ、規則正しい充実した生活を目標としています。寮生活を通して自立心を養い、自主的な学習習慣を身につけられるのはもちろんのこと、かけがえのない友情が生まれる場所になりえる量です。

スポンサーリンク

高校からの入学で大丈夫なのか

よく中学校も併設している学校を受験する人にとって不安なのが、中学からの内部進学者に学力面で追いつくことはできるのかということです。とりわけ、難関校を受験する子にとっては志望するにあたっては、重要な指標の1つでしょう。早稲田佐賀の場合は、高校からの入学者に対しては、1年次に数学・英語を中心として、到達度別編成や到達度に応じた教材を用いた授業などの特別指導を行うことでフォローをしてくれまうs。

早稲田大学への推薦枠について

早稲田大学への推薦は、学内の成績上位50%だけを推薦するということではないということ。成績上位者の中には、医学部・歯学部・薬学部・農学部など早稲田大学にはない学部・学科を希望している生徒も多くいることから、学内の成績上位50%とは一概には言えません。高校の授業にしっかりついていけば、大丈夫だということでしょう。

高校受験の対策

早稲田佐賀高等学校の合格するためのポイントは、2つでしょう。国語でしっかり点数をとり、数学でミスをしないということに尽きます。とりわけ、数学においては、福岡地区の御三家、西南、大濠、筑女という学校より、さらにワンランク難しい問題の構成となっています。高い計算力、思考力を要する問題が問われますので、しっかりとした対策が必要となります。その分、国語は、得点しやすいので、国語で得点を重ねたいところですが、国語が得意な人とそうでない人の差が開くのは間違いありません。国語が苦手な人は、日々、意識して、読解力を養っていく必要があります。社会に関しては、特に近現代については、一歩深く切り込んだ学習が必要です。

その他の高校

<公立>
修猷館高等学校という選択
城南高等学校という選択
筑前高等学校という選択
福岡西陵高等学校という選択
講倫館高校という選択

<私立>
西南学院高等学校という選択
福大大濠高等学校という選択
筑紫女学園高等学校という選択
中村学園女子高等学校という選択
福岡雙葉高等学校という選択
福岡大学附属若葉高等学校という選択
福岡舞鶴高等学校という選択

高校選び一覧

福岡市第6学区の高校選び

高校選びの見解

学校選びの見解