【中学歴史】室町文化(北山・東山)

スポンサーリンク

室町文化(北山・東山)についてまとめています。新しい文化として、栄西がもたらした茶を飲む習慣から茶の湯が流行していくのもころころです。そのあたりについてもまとめています。それでは、【中学歴史】室町文化(北山・東山)をみていきましょう。

室町文化

連歌(和歌を使った文芸のひとつ。 和歌の上の句(五・七・五)と、下の句(七・七)を多数の人たちが交互に作り、ひとつの詩になります。)が庶民にも流行。また、観阿弥・世阿弥親子が猿楽を能に発展させます。

  • 猿楽…滑稽(こっけい)な物まねや軽口・しゃれのこと
  • 能…伝統芸能である歌舞劇の1つ。源流は、上古時代に大陸からもたらされた曲技やものまねを中心にした散楽で、平安時代には猿楽といわれていました。
スポンサーリンク

仏教

浄土真宗が、北陸、近畿地方の武士や農民に広まります。日蓮宗は、京都、堺の商工業者。禅宗は、京都や鎌倉の五山を中心に幕府の保護を受けて広まっていきました。
確認【中学歴史】鎌倉時代の新しい仏教

北山文化と東山文化

  • 北山文化…足利義満のことろの文化で、貴族の文化と武士の文化の融合が特徴。代表的な建築物として金閣。
  • 東山文化…足利義政のころの、武士の担い手として簡素で気品のある文化。代表的な建築物は銀閣。つくりは、書院造。このころ、雪舟が日本の水墨画を完成させます。

文化が広がりをみせ、能の間に、狂言が登場。お伽草子や上杉氏の足利学校で多くの人が儒学を学んだのもこのころです。

  • 狂言…日本最古の、劇。喜劇だけで1ジャンルを形成している演劇で、猿楽のこっけいな物真似(ものまね)の要素が洗練されて、室町時代に成立したせりふ劇。
  • お伽草子…それまでにない新規な主題を取り上げた短編の絵入り物語

あわせて確認

以上が、【中学歴史】室町文化(北山・東山)となります。この時代の文化でなく、そのほかの文化と比べて、何が特徴できだったのか、飴の時代の文化とは、何が変わったのかなど理解しておくことも必要です。

スポンサーリンク
トップへ戻る