【中2理科】化学変化の種類一覧

スポンサーリンク

化合とは中学2年生で、化学変化の単元で習います。化学変化とは、物質が全く別の物質に変わる変化でしたね。この化学変化は、大きく分けて2つの化学変化があります。それは「分解」と「化合」です。

この記事の目次

化合

2種類以上の物質が結びつき、別の物質になる化学変化です。
A + B → C
のような化学変化になります。この「化合」でできる物質Cを「化合物」といいます。

スポンサーリンク

酸化

「酸化」とは、酸素が結びつく化合のことです。化合では結びつく相手は誰でも大丈夫ですが、酸化の場合は結びつく相手が酸素に限定されます。酸化は、酸素と結びつく化合のことで、A + 酸素 → Cのような化学変化になります。この「酸化」でできる物質Cを「酸化物」といいます。

<酸化の例>

  • 銅 + 酸素 → 酸化銅
  • 鉄 + 酸素 → 酸化鉄

燃焼

さらに酸化の中には「燃焼」という化学変化もあります。燃焼は酸化と同じ反応が起こりますが、光や熱を激しく出した場合は燃焼になります。A + 酸素 → C + 光・熱のような化学変化になります。燃焼によってできる物質も「酸化物」とよびます。

<燃焼の例>

  • マグネシウム + 酸素 → 酸化マグネシウム
  • 有機物 + 酸素 → 二酸化炭素 + 水

硫化

化合の中には「硫化」という化学変化もあります。硫化は、物質と硫黄(いおう)が結びつく化学変化です。硫化とは、物質と硫黄が化合すること。A + 硫黄 → C 硫化によってできる物質Cを特に「硫化物」といいます。具体的に硫化で登場する物質は以下の2つです。

<硫化の例>

  • 鉄 + 硫黄 → 硫化鉄
  • 銅 + 硫黄 → 硫化銅

分解

分解は、1種類の物質が2種類以上の物質に分かれる化学変化で、加熱したときに、起こる分解を特に熱分解といいます。

<分解の例>

  • 酸化銀(固体)→銀(固体)+酸素(気体)
  • 炭酸水素ナトリウム(固体)→炭酸ナトリウム(固体)+二酸化炭素水(気体)+水(液体)
  • 水→水素+酸素

以上が、【中2理科】化学変化の種類となります。1つ1つの実験の内容まで思い出せるように、繰り返し学習していきましょう。入試でもいずれかが出題される可能性が高いです。がんばっていきましょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る