【中1理科】光合成

スポンサーリンク

光合成

今回は、植物という章の中で最も大切な内容である「光合成」についてふれます。

スポンサーリンク

光合成

光合成とは、植物の細胞の中にある緑色の粒である葉緑体(ようりょくたい)に光が当たると、根から吸収した水と、気孔から取り入れた二酸化炭素を原料にしてデンプンがつくられる。植物のこのはたらきを光合成という。このときあまる物質が酸素(さんそ)です。なので、光合成が行われると酸素が放出されます。

注意
注意してほしいのは、光合成に必要なものは「光」「葉緑体」「二酸化炭素」「水」ですが、デンプンの材料は?と聞かれたときの答えは「二酸化炭素」と「水」であることに注意しましょう。

<練習問題>
Q:光合成とは何ですか。「二酸化炭素」「水」「光」「葉緑体」を用いて説明しなさい。
A:植物の葉緑体に光が当たると、二酸化炭素と水からデンプンをつくるはたらき。

光合成の実験で登場する重要な薬品や用語を以下にまとめています。

ヨウ素液

ヨウ素液は、デンプンがあるかどうかを調べる試薬(しやく)です。デンプンがあると青紫色に変化します。

ふとは、葉にある白い模様のようなもので、葉緑体がないため光が当たっても光合成ができず、デンプンがつくられない部分です。

二酸化炭素

二酸化炭素は水に少し溶ける気体で、水に溶けると酸性の炭酸水になります。

BTB溶液

水溶液の性質で色が変わる指示薬(しじやく)になります。酸性で黄色、中性で緑色、アルカリ性で青色に変化します。

酸素

酸素は水に溶けにくい気体で、火のついた線香を入れると線香が炎を上げて激しく燃えます。

Q:水に二酸化炭素を溶かし、その中にBTB溶液を入れると何色になるか。
A:黄色

光合成の実験(葉のデンプンを調べる実験)

どのような条件で植物は光合成をしデンプンをつくるのかを調べる実験です。ここでは実験の操作手順、使う薬品の名称、操作の目的を聞いてきますので、しっかり答えられるようになっておいてください。

・実験をする前に、一昼夜(一日中)植物を暗室(真っ暗な部屋)に置いておく。
[理由]葉の中のデンプンをなくすため。(はじめから葉の中にデンプンがあったら、実験の意味がないから。) 

・十分に日光を当てた葉を摘み取り、熱湯に入れる。
[理由]葉を柔らかくするため。(葉がパリパリだと操作しにくい。)

・あたためたエタノールに入れる。
[理由]葉を脱色するため。(葉は緑色が強すぎるため、ヨウ素液での色の変化がわかりにくい。)

・水に入れた後、ヨウ素液に入れる。
[理由]デンプンを青紫色に染めるため。

スポンサーリンク
トップへ戻る