【中学歴史】鎌倉時代のまとめ

スポンサーリンク

【中学歴史】鎌倉時代についてまとめています。鎌倉幕府の始まりは、1185年に、源頼朝が国ごとに守護を、荘園や公領ごとに地頭を置き、鎌倉に幕府が置かれ始まります。
確認鎌倉幕府と室町幕府の仕組みの違い

鎌倉時代

源頼朝は、1192年に征夷大将軍に任命され、御家人と御恩と奉公の主従関係を結びます。

スポンサーリンク

執権政治

源頼朝の死後、有力な御家人をまとめた北条時政が執権の座に就き、以後北条氏が実験を握ります。

承久の乱

1221年に後鳥羽上皇が幕府をたおすため挙兵。幕府軍に敗れ置きに流されます。これをきっかけに、京都に六波羅探題を置きます。

御成敗式目(貞永式目)

1232年、第3代執権の北条泰時が制度化した評定(会議)での判断基準を定めた法律。

地頭の支配

地頭が土地や農民を勝手に支配し始める。そのため、荘園領主との間で紛争が勃発。これは、幕府が裁き、土地の半分を地頭にあたえる下地中分や、一定額の年貢を地頭が請け負って領主におさめることが行われました。土地に対する地頭の権力が次第に強まっていきます。

武士の生活

一族の長である送料を中心に団結し、武士の館では武芸の訓練が行われます。鏑流馬(やぶさめ)などの「弓馬の道」や「武士の道」などの武士の心構えなどです。

民衆の生活

土地が開発され、農作物の収穫が増加。牛馬の使用や鉄製農具が普及し、草や木を焼いた灰が肥料に使われました。同じ田畑でコメと麦を交互に作る二毛作や行われました。

寺社の門前や交通の要所では、定期市が開かれ、また宿屋や商人、手工業者の家ができて町が形成されていきました。

鎌倉文化

貴族は、朝廷の文化を見直し、武士や民衆の力がのび、親しみのある力強い文化が生まれました。

文学では、後鳥羽上皇が編集を命じた「新古今和歌集」、琵琶法師が語り伝えた「平家物語」、兼好法師の「徒然草」があり、彫刻建築では、「東大寺南大門」にある運慶の代表作「金剛力士像」があります。「東大寺南大門」も鎌倉時代のものです。

また新しい仏教も広まります。(確認【中学歴史】鎌倉時代の新しい仏教

鎌倉時代の年号

  • 1221年 承久の乱、六波羅探題(後鳥羽上皇)
  • 1232年 御成敗式目(北条泰時
  • 1274年 文永の役(フビライハンVS北条時宗)
  • 1281年 弘安の役(フビライハンVS北条時宗)
  • 1297年 永仁の徳政令
  • 1333年 鎌倉幕府の滅亡(足利尊氏・新田義貞)

以上が、【中学歴史】鎌倉時代のまとめとなります。特に、武士と民衆の生活の変化と文化については、差が生まれるところですので、しっかりおさえておきましょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る