【中1理科】種子をつくらない植物のポイント

スポンサーリンク

「種子をつくらない植物」は2種類、つまり、シダ植物とコケ植物だけなのですが、理科が苦手な人は、こちらのページに記述されていることだけをおさえていきましょう。

種子をつくらない植物の特徴

「種子をつくらない植物」は何でなかまをふやしてくのでしょうか?それは「胞子(ほうし)」になります。葉の裏側などにある「胞子のう」という袋がはじけて胞子が飛び出し、それが付着した場所に新しい植物が誕生します。

スポンサーリンク

シダ植物

シダ植物は、日当たりがそんなに良くない場所、山の繁みの中や、日かげなどに生えている植物です。具体的には、イヌワラビ、ゼンマイ、スギナ(つくし)などがあります。

特徴

  • 比較的乾燥した場所でも生育
  • 根・茎・葉の区別がある
  • 根で水分を吸収
  • 根で水分を吸収しますので、もちろん維管束もあります
  • 茎は地中にうまっているものが多く、「地下茎」と呼んだりもします
  • 葉の裏側に「胞子のう」があり、胞子のうがはじけることによって「胞子」が飛び散りなかまをふやしていきます。

コケ植物

コケ植物は、じめじめして水分が十分にある環境下で生育します。水辺や日かげなどに生えていることが多いです。具体的な植物として、ゼニゴケやスギゴケなど

特徴

  • 水分が十分にある環境下で生育
  • 根・茎・葉の区別はない
  • からだの表面全体で水分を吸収。したがって維管束はありません。
  • 根もありませんが、地面などにからだを固定するために「仮根(かこん)」というつくりがある
  • 「雌株(めかぶ)」と「雄株(おかぶ)」に分かれている
  • 雌株のほうに「胞子のう」がある
スポンサーリンク
トップへ戻る