【中3理科】恒星と惑星・太陽系のすがたのポイント

スポンサーリンク

【中3理科】恒星と惑星・太陽系のすがたついてまとめています。紛らわしいところもあるので、しっかりおさえておく必要があります。それでは、【中3理科】恒星と惑星・太陽系のすがたをみていきましょう。

恒星と惑星

  • 恒星…みずから光を出してかがやいている天体(太陽など)
  • 惑星…恒星のまわりを公転している天体で、恒星の光を反射して光る天体。
  • 内惑星…地球より内側を公転している惑星(水星・金星)
    参考【中3理科】金星の見え方(満ち欠け)のポイント
  • 外惑星…地球より外側を公転している惑星(火星・木星・土星・天王星・海王星)
スポンサーリンク

太陽系の惑星

太陽を中心として運動する天体の集まりを太陽系といいます。

  • 地球型惑星…おもに岩石でできていて、密度が大きく、小型の惑星。
  • 木星型惑星…おもに気体からできていて、密度が小さく、大型の惑星。

そのほかの天体

  • 衛星…惑星のまわりを公転している天体。月は、地球の衛星ということになります。
  • 小惑星…火星と木星の間にある、岩石でできた天体。
  • すい星…氷と細かなちりでできていて、細長い楕円の軌道を公転しています。
  • 流星…おもにすい星から出たちりが地球の大気とぶつかって光る現象。
  • 太陽系外縁天体…海王星よりも外側を公転する天体。(めい王星、エリスなど)

銀河系

星座は、それぞれ距離の異なる恒星の集まりで、恒星の明るさは等級で表されます。恒星が集まった星団や、ガスのかたまりをもつ星雲、および恒星の大集団を銀がといい、太陽系が属する銀河を銀河系といいます。

太陽と恒星の進化

太陽の寿命は約100憶年で、現在46億歳です。あと50憶年たつろ大きくふくらみ、最後は惑星状星雲になります。高温で明るく輝く質量の大きい恒星ほど寿命が短く、低温で暗い恒星ほど寿命は長くなります。

太陽系の起源

太陽系は、約46憶年前に誕生しました。水素などの濃いガスのかたまりから原子太陽から誕生しました。太陽のまわりを回転するガスやちりが衝突と合体を繰り返して大きく成長し、8つの惑星ができたと考えられます。太陽からのきぃりによって、地球などの岩石惑星、木星などのガス惑星、天王星などの氷惑星と異なる特徴の惑星になりました。

恒星の色と表面温度

恒星の色は、表面温度の違いによります。温度が高い順に、青色、黄色、赤色と変化します。

宇宙のはじまり

宇宙は、約138億年前のビックバンで始まったとされます。それから、約46憶年前の太陽系、約700万年前の人類の誕生へとつながっていきました。

スポンサーリンク
トップへ戻る