【中学国語】漢字の書きの練習問題(よく出る編)

スポンサーリンク

どの都道府県でも、出題されるのが漢字の読み書き。今回は、漢字の書きに焦点をあてます。福岡県の公立入試では、漢字の書きは2題出題され、配点は4点分を占めます。読みと合わせると、合計8点となり、全得点の配分の13%を占めます。そんな軽く考えてはいけない漢字の書きについてピックアップしています。

高校入試漢字の書き

カタカナの部分を漢字になおしなさい。

  1. ナラんで、挨拶をした。
  2. ジドウの権利に関する条約が批准された。
  3. 東大寺は世界遺産にトウロクされている。
  4. 土地をコやす。
  5. 倉庫に食料品をチョゾウしておく。
  6. 最も新しい情報をテイキョウする。
  7. 多くの人たちで駅がコンザツする。
  8. 不足しがちなビタミンをオギナう。
  9. その昔、その国はカイキュウ社会だった。
  10. ユウビンで手紙を送る。
  11. 計画をコンカンから見直す。
  12. 人口の増加がイチジルしい。
  13. カイガ展で作品を発表した。
  14. 工場のイテン先を通知する。
  15. この風景は一見のカチがある。
  16. 子どものスコやかな成長を願う。
  17. 時代に遅れた古い制度をサッシンする。
  18. 相手の提案を受け入れてダキョウする。
  19. 倒れた木がクち果てる。
  20. 川の流れにサカらって舟をこぐ。
  21. 賛成票が過半数をシめた。
  22. 食品テンカ物について学習する。
  23. 少年少女をタイショウとした雑誌。
  24. 技術者をヨウセイする。
  25. 生徒の進路をアヤマらないように指導する。
  26. 駅伝競走のために道路のキセイが始まった。
  27. 毎朝の早起きがシュウカンになる。
  28. 借金の連帯ホショウ人になる。
  29. 日本人は、自然とキョウチョウして生きてきた。
  30. 自然は人間をツツみ人間と共存していくものである。
  31. 自然と人間の共存をタッセイし、いい関係を取り戻す。
  32. げんは自分の手にオえないことを悟った。
  33. 話はタンジュンになってくる。父は金を取られるのである。
  34. 碧郎はまだコウフンもしていた。
  35. 安産を祈願し、お寺にお参りしオガんだ
  36. 畑をタガヤす。
  37. 食物連鎖をケイセイする。
  38. 食物をキョウキュウする。
  39. 力不足をニンシキしている。
  40. シンコクな問題。
  41. 雑貨店をイトナむ。
  42. 理詰めでは、人はなかなかナットクできない。
  43. この予算では、サイサンに合わない。
  44. 家の中をセイケツにする。
  45. 汚染物質をタれ流す。
  46. どうせ残ったらスてるしかない。
  47. みかんのハコを振りまわして歩く。
  48. キケンな賭けに出た。
  49. 駅前に惣菜センモン店ができた。
  50. 僕は野球部にゾクしている。
  51. ヒニクにも、父に腕相撲で勝利してしまった。
  52. 琴は日本の伝統的なガッキだ。
  53. 競技場の使用がキョカされる。
  54. 野菜をコマかく刻む。
スポンサーリンク

解答

  1. 児童
  2. 登録
  3. 貯蔵
  4. 提供
  5. 混雑
  6. 階級
  7. 郵便
  8. 根幹
  9. 絵画
  10. 移転
  11. 価値
  12. 刷新
  13. 妥協
  14. 添加
  15. 対象
  16. 要請
  17. 規制
  18. 習慣
  19. 保証
  20. 協調
  21. 達成
  22. 単純
  23. 興奮
  24. 形成
  25. 供給
  26. 認識
  27. 深刻
  28. 営む
  29. 納得
  30. 採算
  31. 便利
  32. 清潔
  33. 危険
  34. 専門
  35. 皮肉
  36. 楽器
  37. 許可
スポンサーリンク
トップへ戻る