【中1理科】ガスバーナーの使い方のポイント

スポンサーリンク

今回の実験器具の使い方。定期テストにおいては、試験範囲になっていれば必ず出題されます。今回は、ガスバーナーです。最も出題される実験器具の1つです。実力テストでは、1度は出題されるのは間違いありません。それでは、【中1理科】ガスバーナーの使い方です。

ガスバーナーの使い方のポイント

0c5f293c-c3d4-4e96-935b-d841b3e04ba5

スポンサーリンク

ガスバーナーの点火の仕方(火のつけ方)

  1. ガス調節ねじと空気調節ねじが閉まっていることを確認する。
  2. ガスの元栓を開く。※コックがついている場合はコックも開く。
  3. ガス調節ねじを開く前に、ガスバーナーの口に火を近づけておく。
  4. マッチに火をつけ、ガスバーナーの口に、ななめ下から近づける。
  5. ガス調節ねじをゆるめて、ガスに点火する。
  6. ガス調節ねじを回して、適当な大きさの炎になるように調節する。
  7. ガス調節ねじを押さえて、空気調節ねじをゆるめ、青色の安定した炎にする。

※元栓から順に出口(火が出るところ)に向かって操作します。

ガスバーナーの消火

ガスバーナーの消化は、点火の時は逆の操作をしていきます。つまり、上から順番に閉じていくことになります。

  1. 空気調節ねじを閉める。
  2. ガス調節ねじを閉める。
  3. コック、元栓を閉じる。

ガスバーナーの問題ではここが狙われる

青色の安定した炎にするとき、空気調節ねじをゆるめますが、どの方向に回せばいいかがよく問われます。これは、シャープペンのキャップと同じです。キャップをゆるめるには、反時計回りですよね。その方に回すことで、火を強めることができます。このことは、ガス調節ねじでも同じで、閉めるときは時計回り。ゆるめるときは反時計回りです。

ガスバーナーの記述問題

ガスバーナーの火を消す前にガラス管を試験管から取り出す。理由は、試験管内の液体が逆流し枝付きフラスコが割れるのを防ぐためです。

以上が、【中1理科】ガスバーナーの使い方。つけ方、消し方、注意事項と確実に覚えていきましょう。特に化合や分解などの実験とからめて出題されます。

スポンサーリンク
トップへ戻る