【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方

スポンサーリンク

【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方です。電子てんびんと上皿てんびんの2種類のてんびんがあります。てんびんの使い方の問題は、単独で出題されることはありませんが、実験の中の1コマとして1題出題されることが少なくありません。今回は、確実に得点源にしたい電子てんびんと上皿てんびんの2種類のてんびんの使い方についてです。それでは、【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方をみていきましょう。

上皿てんびんの使い方

水平な台の上に置き、「指針」が左右に等しく振れるように「調節ねじ」で調節します。つり合ったかどうかは、指針が左右に等しく振れているかどうかで判断します。

スポンサーリンク

ある物質(固体)の質量のはかり方

  1. はかりたいものを一方の皿にのせる。
  2. もう一方の皿に少し重いと思われる分銅をピンセットを使ってのせる。
  3. 重すぎたら、次に軽い分銅に取り換える。
  4. その分銅だけだと軽い場合は、さらに軽い分銅を加える。

粉末の薬品のはかりとり方

  • 一方に皿に折った薬包紙とはかりとる質量の分銅をのせる。
  • もう一方の皿に薬包紙を置き、薬品を少しづつのせていきはかりとる。

ここが狙われる

  • 分銅は重いものからのせていく。(1g=1000mg)
  • つり合うのは指針が目もりの中央で左右に同じだけ振れたとき
  • 粉末の薬品をはかりとるときは、薬包紙は分銅をのせる皿にものせる。
  • 使い終わったら、皿を片方に重ねておく。

電子てんびんの使い方

水平な台の上に置き、表示の数字を0にしておく。(容器や薬包紙をのせたうえで0にすることを忘れずに)

はかり方

  1. はかりたいものを皿にのせ、表示の数字を読む。
  2. 必要な質量をはかりとる場合は、薬包紙をのせてから、必要な質量になるように、はかり
  3. たいものをのせていく。

以上が、【中1理科】電子てんびんと上皿てんびんの使い方になります。違いをしっかり把握しておきましょう。またその他の実験器具もあわせて一緒に学習するといいでしょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る