【中学公民】国会と内閣の仕事の比較

スポンサーリンク

【中学公民】国会と内閣の仕事の比較についてまとめています。どちらの仕事かを問われる選択問題や正誤問題は、定期テストではもちろんですが、入試でもよく出題される問題の1つです。それでは、【中学公民】国会と内閣の仕事の比較をみていきましょう。

国会の主な仕事

国の政治は、法律をつくる国会、法律で定めたことを実行する内閣、紛争を法で解決する裁判所で運営します。国会は、国民の代表機関で、国権の最高機関、国の唯一の立法機関であり、国民が選んだ代表者で構成されます。

  • 法律の制定…国会の一番重要な仕事は、法律の制定です。法律をつくることを立法といい、国会が立法権をもっています。
  • 予算の議決…内閣(政府)が、税金などの収入にもとづいて、1年間の支出の見積もりを立てます。それを予算といい、国会は、内閣の作成した予算案を審議し、議決します。
  • 内閣総理大臣の指名…国会は、国会議員の中から、内閣総理大臣を指名します。
  • 条約の承認
  • 弾劾裁判所の設置
  • 憲法改正の発議
  • 国政調査権の発動
    など
スポンサーリンク

衆議院の優越

衆議院の優越が認められる理由…衆議院の方が任期が短く、また解散もあることから、国民の意思(民意)により近いと考えられているため。

- 優越が認められるもの -

  • 予算の先議権
  • 予算の議決…衆議院の議決が国会の議決となります。
  • 条約の承認…衆議院の議決が国会の議決となります。
  • 内閣総理大臣の指名…衆議院の議決が国会の議決となります。
  • 内閣不信任決議権
  • 法律案の議決
  • 臨時会・特別会の会期の決定、会期の延長
  • 法律案の議決が異なる場合の両院協議会の請求
  • 会計検査院検査官の任命に対する同意

確認【中学公民】国会の地位と仕組み・働き

内閣の主な仕事

行政は、国の行政と地方行政とがありますが、国会が決めた法律や予算に基づいて、国の政治を行うことです。国の行政は、総務省、外務省などが分担します。

  • 法律や予算を作り、国会に提出。
  • 法律の施行などに必要な政令を定める。
  • 外交関係を処理し、外国と条約を結ぶ。
  • 公務員に関する事務を行う。
  • 天皇の国事行為に助言と承認を与える。
  • 最高裁判所長官の指名(任命は天皇が行う)、その他の裁判官の任命。

確認【中学公民】行政のしくみと内閣

あわせて確認

以上が、【中学公民】国会と内閣の仕事の比較となります。あいまいなところをなくしていきましょう。確実に、記憶できるまで繰り返し、学習することが大切です。

スポンサーリンク
トップへ戻る