【中学歴史】戦後の日本と世界(GHQの民主化政策・冷戦など)

スポンサーリンク

ポツダム宣言受け入れ後の日本

ポツダム宣言を受け入れ降伏。連合国軍は日本を占領し、連合国軍総司令部GHQが中心に、マッカ-サーを最高司令官とし日本を改革する。天皇は神の子孫ではないという人間宣言を出す。

スポンサーリンク

民主化政策

日本国憲法が、1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行(しこう) 。

日本国憲法の主な内容
①国民主権(天皇は主権から象徴に)
②平和主義(第9条)
③基本的人権の尊重(これまでの大日本帝国憲法では人権は法律で制限)
・思想の自由(治安維持法も廃止)
・男女の平等(満20歳以上の男女に選挙権)
・労働者の組合(労働組合法)
・労働の最低基準(労働基準法)
  • 財閥解体…三井・三菱・住友・安田が支配していた会社を独立。
  • 農地改革…地主の土地を国が買い上げ、小作人に安く売る。小作人が減り、自作農が増えた。
  • 教育基本法…明治時代からの教育勅語は廃止。
  • 世界では戦争の反省で1945年国際連合ができる。

冷たい戦争のはじまり

アメリカを中心とした資本主義

北大西洋条約機構(NATO)

  • ドイツの西をもらった
  • 台湾の国民政府こそ中国と主張
  • 朝鮮は南の大韓民国

ソビエトを中心とした社会主義

ワルシャワ条約機構

  • ドイツの東をもらった
  • 中華人民共和国こそ中国と主張(リーダーは毛沢東)
  • 朝鮮は北の朝鮮民主主義人民共和国

とうとう朝鮮半島で1950年挑戦戦争。北緯38°線で停戦。(アメリカVSソビエトの代理戦争)

朝鮮戦争の影響

  • アメリカ軍は日本で軍備・物資を準備をしたので好景気に(朝鮮特需)
  • 万が一のために、警察予備隊→保安隊→自衛隊と昇格
  • 1951年サンフランシスコ平和条約で独立。(吉田茂首相の時)さらに、日米安全保障条約でアメリカと同盟。

冷戦の終焉

  • 1960年代に部分的核実験停止が結ばれ、核軍縮に着手し、国連も核拡散防止条約で核兵器廃絶の動き。
  • 1987年には中距離核戦力全廃条約(IMF全廃条約)で核兵器半減を目指す。
  • 1980年代後半(ソ連)ペレストロイカと呼ばれる改革に失敗し解体。独立国家共同体(CIS)を作る。
  • 1990年には、ベルリンの壁が撤去され東西ドイツの統一。

高度経済成長

朝鮮戦争をきっかけに日本は高度経済成長を続けた。池田勇人内閣の『所得倍増計画』

  • 1964年の東京オリンピック
  • 1968年には国民総生産は世界で2位

一方では、公害問題が発生

  • 水俣病=熊本(有機水銀)
  • イタイイタイ病=富山(カドミウム)
  • 四日市ぜんそく=三重(亜硫酸ガス)
  • 新潟水俣病=新潟(有機水銀)

そこで

  • 1967年公害対策基本法が成立
  • 1971年環境庁を設置。
  • 1993年環境基本法を制定。

日本と世界

  • 1956年日ソ共同宣言。同年国際連合に加盟。
  • 1972年日中共同声明。同年沖縄が復帰。
  • 1973年10月第四次中東戦争(日本の石油も値上がりし、石油ショックが起こった。)
  • 1978年日中平和友好条約を締結。
スポンサーリンク
トップへ戻る