【第6学区高校選び】福岡舞鶴高等学校という選択

福岡舞鶴高等学校

福岡市西区徳永にある学校で、私立高校ながら公立高校的なところと立地から福岡市西部および糸島市の中学生の生徒たちにとっては、無難に福岡舞鶴高校を選択しているようなところがあるように思えます。どこの私立高校(福岡大濠は除く)にも言えることですが、特進クラスと進学・一般コースがある学校では、スライド合格(特進から進学・一般)はあるにせよ、よほどの理由がない限り不合格にならないのも大きいでしょう。

また、福岡舞鶴高等学校は、共学校であることも大きいとも言えます。とりわけ、男の子は、そこにこだわりを見せる生徒も少なくないですね。

スポンサーリンク

福岡舞鶴高等学校への入試対策

なぜか、数学の方程式の文章題の難易度が高いということです。そう言えるのは、立式が空欄式(穴埋め式)であることと、すでに書かれている数字は計算されたあとの数字であることが主な要因です。この文章題は、最後に解くということも戦略の1つでしょう。

また、数学の苦手な子にとっては、計算で点数を稼ぎと言いたいところですが、計算問題は、公立入試と比べると各段に難易度が高く(西南、大濠などにも言えます)、日ごろから対策をしておくことが大事です。計算ミスやケアレスミスと言って、間違いを軽視している人ほど、実は、計算の解法自体をわかっていない、または勘違いしている人も少なくありません。

他の教科は、標準レベルと言っていいでしょう。社会については、その年の時事問題については、おさえておく必要があります。

まとめ

高校は、先生との出会い。興味がある人は、体験入学には、必ず顔を出し、先生たちの姿を1番に見て、いろいろな学校と比較してみてもいいでしょう。学校や先輩の雰囲気も大事ですが、実は、1人の先生と出会うことが大事です。

その他の高校

<公立>
修猷館高等学校という選択
城南高等学校という選択
筑前高等学校という選択
福岡西陵高等学校という選択
講倫館高校という選択

<私立>
福大大濠高等学校という選択
筑紫女学園高等学校という選択
中村学園女子高等学校という選択
福岡雙葉高等学校という選択
福岡大学附属若葉高等学校という選択

高校選び一覧

福岡市第6学区の高校選び

高校選びの見解

学校選びの見解