【中1理科】地震に関する計算問題とポイント

スポンサーリンク

P波(初期微動)とS波(主要動)の計算についての記事です。この計算も入試にも、頻出するところなので、理解を深めておきたいところです。

P波(初期微動)とS波(主要動)

地震の揺れは、震央から同心円状に広がります。また、地震が起こると速さの違う2つの波が同時に発生してまわりに伝わっていきます。地震のゆれは地震計で記録します。

  • 初期微動…はじめの小さな揺れで、速さの速い波(P波)による地面の揺れ
  • 主要動…あとに続く大きな揺れで、速さの遅い波(S波)による地面の揺れ
  • 初期微動継続時間…2つの波が届くまでの時間の差。震源から距離が遠いほど長くなる。
スポンサーリンク

P波(初期微動)とS波(主要動)の計算問題

ある地震について、2つの波が到着した時刻と震源からの距離の関係を調べたところ次のグラフのようになりました。次の問いに答えよ。

(1)グラフから、この地震が発生した時刻は、何時何分何秒か求めよ。
(2)P波のグラフは、A,Bのどちらか答えよ。
(3)Bの波の伝わる速さを求めよ。
(4)震源からの距離が200kmの地点での初期微動が始まった時刻を求めよ。
(5)震源からの距離が200kmの地点での初期微動継続時間は何秒か求めよ。

P波(初期微動)とS波(主要動)の計算問題解答

(1)8時5分20秒
(2)A
(3)4km/s (200÷5=4)
(4)8時5分45秒
(5)25秒

スポンサーリンク
トップへ戻る