【中2理科】発熱反応と吸熱反応のポイント

スポンサーリンク

意外と点数の差がでる【反応】というキ-ワードです。

発熱反応

化学変化の際に生じる熱の出入りで、周りの温度が上がる反応

スポンサーリンク

(例)鉄と酸素の酸化

 
(活性炭素や食塩は、酸化をしやすくするために用いられます。)⇒鉄と活性炭素(食塩)を一緒にいれ、かき混ぜると反応がおきます。温度が上昇し始めます。かき混ぜるのを終えると温度は下がりはじめますが、再びかき混ぜると温度は再び上がります。これは、まだ反応していない鉄が残っているためですが、鉄がすべて反応すると上昇はしません。

(例)中和

中和が起こるとまわりに熱を出して温度が上がります。

吸熱反応

 
化学変化の際に生じる熱の出入りで、周りの温度が下がる反応(例)アンモニアの発生させる実験(塩化アンモニウムと水酸化…を加えることの実験)

反応熱

化学変化の際に生じる熱の出入りの反応

スポンサーリンク
トップへ戻る