【中2理科】雲のでき方・フラスコを雲をつくる実験のポイント

スポンサーリンク

高校入試よく出題される実験の中でも、頻出のの雲のでき方の事件(フラスコ実験)についてです。しっかり、実験の手順や結果についておさえておきましょう。

雲のでき方

そもそも、雲は、地面や海面が太陽の熱あたためられ、周りの空気より軽くなり、上昇気流にのって、できていきます。上昇していけば、山、空と高くなるので、気圧が低くなります。つまり、大気から押される力が小さくなるので膨張していきます。このとき、温度は、急激に下がります。(イメージとしては、空気が膨張するとき、熱エネルギ-を使うからです。風船を膨らますときなど、人間もかなりのエネルギ-を使うはずです。)温度が下がって露点に達すると空気に溶けていた水蒸気が液体の水になり、水滴となって空気中にうかんだ状態が雲です。

スポンサーリンク

雲ができる順序

上昇→膨張→温度低下→露点到達→雲となります。

フラスコで雲を作る実験のポイント

フラスコの雲実験
実験は、いつも始める前の下準備がいつもありますね。

実験の下準備

線香のけむりをいれる。これは、自然界のちりなどと同じ役目を狙ったもので、線香の粒子を凝結核としているわけです。入試ではこう出題されます。

線香のけむりを入れる理由を簡潔に答えよ。
【解答】水蒸気を水滴にしやすくし、雲をできやすくするため

フラスコで雲を作る実験の手順

ピストンを引く ⇒ 引いた分フラスコ内の空間が広くなる ⇒空気が膨張 ⇒ 気温が低下 ⇒ 露点に達し水蒸気が凝結 ⇒ 白いくもり

  • 露点…フラスコ内に白いくもりが発生した瞬間の温度(湿度100%の状態)
  • 凝結…蒸気の一部が気体から液体へとなる現象
  • 湿度(%)…(実際の水蒸気量/飽和水蒸気量)×100
スポンサーリンク
トップへ戻る