【中2理科】電磁誘導と直流・交流のポイント

スポンサーリンク

【中2理科】電磁誘導についてまとめています。

電磁誘導

コイルの内部の磁界が変化し、電流を流そうと電圧が生じて電流が流れる現象です。

スポンサーリンク

発電機

この電磁誘導を応用したものが、発電機です。コイルと磁石があれば、電流をつくりだすことができる装置で、手回し発電機や自転車のライトなどが身近にある発電機です。

  • 発電機の仕組み…コイルの間で磁石を回転させると、電磁誘導によって、コイルに電気が発生。発電機で起こさせる電流は交流。電流の向きと大きさが時間によって変化する。

誘導電流

電磁誘導によって流れる電流のこと。磁界の向きを逆にすると、逆になります。また磁石を動かす方向を逆にすると、逆になります。

その誘導電流を強くする方法

  • (棒)磁石を速く動かす
  • 磁石の磁力を強くする
  • コイルの巻き数を増やす

テストや入試で一番聞かれるのが、「(棒)磁石をすばやく動かす」です。「実験の器具を変えずに、誘導電流を大きくする方法を答えよ」と出題されることが圧倒的に多いからです。この場合は、磁石やコイルをいじることはできず、磁石をすばやく動かすしか方法が無くなります。しっかり問題を読んで、何が問われているのかを確認するクセづけしましょう。

レンツの法則

誘導電流によって、コイルに生じた磁界の向きは、磁石の動きによって変化する磁界を打ち消す向きになります。
確認【高校入試・理科】入試に出る法則と原理のまとめ(中学教科書記載一覧)

直流と交流

  • 直流電流…一定の向きに、一定の強さで流れる。乾電池の電流もその1つ
  • 交流電流…向きと強さが周期的に変化。変化の繰り返しの回数を周波数といい単位は、ヘルツ(Hz)。コンセントの電流で使われます。変圧器によって、カンタンに電圧の大きさを変えられるので。

発光ダイオード

一定の方向にしか電流を流さないので、直流につなぐと光が連続して電流がながれますが、交流につなぐと光は点滅し、電流が流れたり流れなかったりします。電流は、実生活に密に関連しますので、出題されやすいです。

以上が、【中2理科】電磁誘導と直流・交流となります。

スポンサーリンク
トップへ戻る