【中3理科】天体の日周運動のポイント

スポンサーリンク

天体の1日の動きについてのまとめです。天体の1日の動き(日周運動)や昼夜があるのは、この地球の自転が原因となります。入試では、直接、「自転」と答えさせる問題も出題されますが、「公転」とどちらが原因で起こる現象だったをあいまいにしがちです。しっかりおさえておきましょう。天体の動きを統一的な見方をする上で「地球の自転」は欠かせません。【中3理科】天体の1日の動きをみていきましょう。

天体の1日の動き

  • 自転:地球が地軸を回転の軸として、西から東に1日で1回転する運動
    確認【中3理科】地球の自転
  • 地軸:地球の北極と南極を結ぶ直線
  • 天球:星の位置や動きを表すための、見かけ上の天井である。
  • 日周運動:天体が東から西へ動き、1日でもとの位置にもどる見かけの運動
    確認【中3理科】太陽の日周運動
スポンサーリンク

地球の自転の影響

  • 星や太陽の日周運動…すべて地球の自転による見かけの動き
  • 昼と夜の交替…昼と夜が規則正しく繰り返されるのは、地球の自転による

星の日周運動

地球の自転による見せかけの動きです。向きは東から西。速さは、1日で天球上を1週。1時間15°回転。

太陽の日周運動

日周運動は地球の自転による見かけの動き。太陽の日周運動は、一日かかって、天球上の東から西へ1周する。星と同様に地球の自転による見かけの動き。

  • 太陽の南中:太陽が南の最も高い位置にくること
  • 南中高度:太陽が南中したときの、地面に対する角度
  • 透明半球:太陽の動きの観察に使う。透明半球上の各点間の距離が等しいのは、太陽が見かけ上同じ速さで動く運動しているからである。
スポンサーリンク
トップへ戻る