【中1理科】シダ植物とコケ植物のポイント

スポンサーリンク

今回の理科は、種子を作らない植物としてシダ植物とコケ植物を取り上げます。それぞれシダ植物とコケ植物についての植物は、しっかり写真や図を確認して、それぞれの部位の名称まで押さえておきましょう。

種子を作らない植物

植物の中には、種子をつくらず胞子でふえる植物があります。シダ植物とコケ植物もそれにあたります。そのほかには、藻類があります。

スポンサーリンク

シダ植物

  • 維管束があり、根、茎、葉の区別がある。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまをふやす。葉の裏に胞子のうがあり、その中に胞子が入っている。
  • 胞子のうがはじけて胞子が飛び出し、湿り気のあるところに落ちる。
  • 日かげやしめりけの多いところに生える。(発芽するのに水分が必要なため)
  • 茎は、地中や地表にあることが多い。

たとえば、イヌワラビ。葉、茎、根の位置は正しく把握しておきましょう。多くの人が「茎」と思ってしまうところは、葉の柄ですので、気を付けてください。

コケ植物

  • 維管束がなく、根、茎、葉の区別がない。
  • 体の表面から水を取り入れている。
  • 葉緑体をもち、光合成をする。
  • 胞子でなかまを増やす。雌株と雄株があり、胞子が雌株の胞子のうにできる。
  • 日かげのしめったところに生える。根のように見える仮根は、体を地面に固定するはたらきをしている。

シダ植物とコケ植物の特徴は、入試で出題された問われるところなので、ちゃんとアウトプットまでできるようになっておきましょう。

シダ植物とコケ植物の違い

  • シダ植物には、維管束があり、コケ植物に、維管束がない。
  • シダ植物には、葉・茎・葉の区別があり、コケ植物にはない。

種子のあるなしの植物の分類

  1. 種子があるか。ないか。ある場合は、種子植物。ない場合は、シダ植物か、コケ植物。
  2. 根・茎・葉の区別があり、維管束があれば、シダ植物、なければ、コケ植物。

シダ植物とコケ植物の練習問題

次の問いに答えなさい。

  1. シダ植物に維管束はあるか、ないか。
  2. コケ植物で、体の地面に固定するために、根のように見える部分を何というか。
  3. 胞子は、どこに落ちると発芽するか。
  4. コケ植物に維管束はあるか、ないか。
  5. シダ植物の胞子はどこに集まるか。

シダ植物とコケ植物の解答

  1. ある
  2. 仮根
  3. しめりけのあるところ
  4. ない

以上が、【中1理科】シダ植物とコケ植物となります。テスト前には、再度確認しておきたい単元の1つです。

スポンサーリンク
トップへ戻る