【中1理科】蒸留

スポンサーリンク

蒸留の実験も、よく入試に出題される単元であり、毎年出題が予想される単元です。しっかり、基本事項はおさえておきましょう。それでは、【中1理科】蒸留についてのまとめについてみていきましょう。

蒸留

蒸留とは、液体を過熱して沸騰させ、出てくる気体を冷やして、再び液体として取り出す方法で、沸点の違いを利用した実験となります。お酒をつくるときなどにも利用されます。混合物を分ける実験の1つです。

スポンサーリンク

混合物を分ける方法

蒸留のほか、混合物を分ける方法として、2つあります。

  • 蒸発法…水がなくなるまで加熱し、蒸発させる方法。固体と液体に分けます。例として、食塩水を食塩と水に分けるなど。
  • 再結晶…溶媒(水)にとけている物質を、温度を下げていくことで結晶として取り出す方法。
    確認【中1理科】溶解度・再結晶と質量パーセント濃度

水とエタノールの実験

蒸留とくれば、水とエタノールの実験が出題されることが多いです。水とエタノールの混合物の蒸留では、最初に沸点が水より低いため、エタノールが沸騰し、次に水が沸騰します。エタノールの沸点付近で集まる液体にはエタノールが多く、水の沸点付近で集まる液体はほとんどが水となります。(水の沸点は、100℃、エタノールの沸点は約78℃です。)

水とエタノールの混合物の温度変化は、混合物なので、加熱するとエタノールの沸騰付近で沸騰をはじめ、温度の上昇がゆるやかになり、一定にはなりません。加熱を続けると、沸騰しながら上昇し、水の沸点で一定となることをおさえておきましょう。

蒸留の実験で出てくる用語

  • 融点…固体がとけて液体に変化するときの温度
  • 沸点…液体が沸騰して気体に変化するときの温度。

実験での注意事項

  • 実験前、沸騰石を入れる理由→液体が急に沸騰して、吹き出すのを防ぐ
  • 温度計を枝つきフラスコに設置するときに気をつける点→温度計の球部は、枝の高さにして蒸気の温度をはかる
  • 枝付きフラスコに入れる液体の量は半分以下にする→噴きこぼれる恐れ
  • 気体を冷やす試験管を密栓しない→実験器具内の圧力が大きくなり爆発する恐れ
  • ガラス管の先が液体の中に入らないようにする理由→逆流を防ぐため
  • 実験後、ガスバーナーを消す前に確認すること→ガラス管の先が液体の中に入っていないこと

エタノールであるかを調べる方法

  • 脱脂綿にしみ込ませ火をつける。
  • 皮膚につけてスーッとするか調べる。
  • エタノールの臭いがするか手で仰ぐように臭いをかぐ。

以上が、【中1理科】蒸留についてのまとめとなります。出題された、得点源になる単元です。要所を確認しておきましょう。

スポンサーリンク
トップへ戻る